世界宣教祈祷課題(8月1日):サウジアラビア

2020年8月1日18時26分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(8月1日):サウジアラビア
メッカのカーバ神殿(写真:Tahir mq)

今年もメッカ巡礼の季節(7月28〜8月2日)となったが、今年はCOVID−19対策のため例年と大きく異なる。

毎年世界中から数百万人が集まる巡礼だが、今回は国内に住むイスラム教徒のみの巡礼に制限され、海外からの巡礼は受け入れを拒否する形となった。

違反をすると日本円で約30万円近い罰金が科せられる。

この巡礼はイスラム教徒が一生に1回はしなければならない義務だ。コロナ禍によって各地でムスリムらの宗教活動が制限されているが、そのため彼らが覚える宗教的空虚さは、彼らを福音に導く好機と十分なり得る。

これらのムスリムらがネットなどを通じて福音に出会い救霊が進むように祈っていただきたい。

■ サウジアラビアの宗教人口
イスラム 92・4%
プロテスタント 0・4%
カトリック 4・7%
正教関係0・3%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース