新型コロナで日本基督教団が総会延期 教団年鑑も休刊

2020年7月9日15時15分 印刷

日本基督教団は、10月27〜29日に予定していた第42回教団総会を延期し、来年開催することを決めた。9日までに同教団の公式サイトで伝えた。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、どのような感染予防の手立てを講じたとしても、密閉・密集・密接の「3密」を避けるなどの対策を取ることは不可能で、感染リスクを無くすことはできないと判断した。

総会の延期は、6〜7日に開催された第41総会期第7回常議員会で決議された。総会の新たな開催日程や会場の選定、開催延期に伴う課題については、教団三役が検討し、10月26日開催予定の次回常議員会に提案する。総会延期に伴い、教団総会議長・副議長・書記、常議員、総幹事、会計監査委員、常設委員会・常設専門委員会委員、宣教研究所委員、宗教法人「日本基督教団」責任役員、出版局理事・監事、年金局理事・監事、部落解放センター運営委員の任期は1年延長する。

また、新型コロナウイルスの影響を受け、同教団が毎年発行してきた「日本基督教団年鑑」の2021年版を休刊することも発表した。教師の異動による最新の名簿については、できる限り情報を集約・集計し、年度内に同教団の公式サイトなど何らかの方法で公開するとした。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース