日本基督教団「牧会者とその家族のための相談室」 コロナ受け電話・メール相談の利用呼び掛け

2020年5月19日15時52分 印刷
+日本基督教団「牧会者とその家族のための相談室」 コロナ受け電話・メール相談の利用呼び掛け
※ 写真はイメージです。(写真:Freedom Studio)

牧師や伝道師などの牧会者とその家族が、新型コロナウイルスの感染拡大により教会運営上のストレスなどを抱え、心身に影響を受けている場合があるとし、日本基督教団の「牧会者とその家族のための相談室」が、相談電話の利用を呼び掛けている。また8月末までを暫定期間として、メール相談の受け付けも開始。「心傷ついたとき、一人で悩むとき、どうしたらよいか考え込むときなど、是非メールしてください」としている。

相談室は教団のホームページで、「新型コロナウイルス感染症拡大によって、伝道・牧会・教会運営などの葛藤や不安などのストレスを受け、心身に影響を与えている場合が多くあります」と指摘。臨床心理士による心理的ケアを受けたり、牧師同士で、または教会役員などと相互牧会的に状況を分かち合ったりすることも勧めた上で、「電話で話すだけでも心の整理が付く場合があります」と述べ、相談電話の利用も勧めている。

相談室による相談電話は約1年前に始まった取り組み。牧会者やその家族の自死・精神的疲労、それに伴う教会の崩壊的な状況などを踏まえ、教団内で10年近く協議が行われ、2018年に相談室委員会を設置。昨年3月から電話による相談受け付けが始まった。

相談電話(03・6228・0016)は、毎週月曜日午前10~12時、午後1時~4時を受け付け時間とし、カウンセリング経験のある信徒の相談員が窓口として対応している。守秘義務の遵守を徹底し、教会政治や人事関係からの独立性を保ちつつ、牧会者やその家族の特有性を考慮して相談を受け付けている。

メール相談(past.uccj@gmail.com)は8月末までの暫定期間中、24時間受け付ける。相談の内容や件数次第では時間がかかる場合もあるが、1週間以内に回答するという。電話での相談同様、守秘義務の遵守を徹底し、内容によっては精神科医や心理士、カウンセラーのアドバイスを入れて対応するとしている。

なおメール相談は、添付ファイルや絵文字・デコメール、機種依存文字は受信できないため使用不可。メールの本文が1千文字を超えると受信できない場合もあるとし、注意を呼び掛けている。その他、詳しい注意事項は教団のホームページを。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース