世界宣教祈祷課題(7月8日):ルーマニア

2020年7月8日15時06分 執筆者 : 奥山実 印刷
関連タグ:ルーマニア
+「信仰の説明、教会の分裂ではなく交わりのうちに」ルーマニア正教会、聖大会議への否定的な反応に声明
ルーマニアの首都ブカレストにあるルーマニア正教会総主教座大聖堂(2011年に撮影、写真:fusion-of-horisons)

ルーマニアの国営電力会社は6月12日、中国の国策企業と結んだ原発建設協定を破棄したと発表した。これにより中国が推進する経済協力機構の「一帯一路」構想は、欧州において大きな打撃を受けることになる。

背後には、EUでありNATOの加盟国であるルーマニアを抱き込みたい中国の思惑と、欧米西側諸国の同国をめぐる綱引きがあったのだろう。

ルーマニアは貧しい共産主義時代を経験している国で、その厳しい時代を知る市民にとっては、コロナ禍による疲弊など物の数ではないのだろう。

同国には福音派の支援するロマが集う教会がある。彼らの社会的地位は低く、失業率も高い。これらの教会は米国などの豊かな国の援助に頼るほかない。

この世で無きに等しい者を用いられる主が、彼らを引き上げ、欧州で力強い宣教のために用いられるよう祈っていただきたい。

■ ルーマニアの宗教人口 内戦前統計
正教会関係 87・1%
プロテスタント 7・5%
カトリック 5・3%
ユダヤ教 0・03%
イスラム 0・6%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。
関連タグ:ルーマニア

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース