日本人に寄り添う福音宣教の扉(96)結婚の祝福—40周年に寄せて— 広田信也

2020年6月6日10時56分 コラムニスト : 広田信也 印刷
関連タグ:広田信也
+日本人に寄り添う福音宣教の扉(96)結婚の祝福—40周年に寄せて— 広田信也

先日、私たちは結婚40周年を迎えました。コロナ禍の影響から、家族全員で祝うことはかないませんでしたが、再開した神戸港クルーズに乗船し、ささやかな記念の時を持ちました。長きにわたり、多くの方を通して与えられた祝福に心を留め、聖書に示された結婚の価値の確かさを知ることができました。

今回は、聖書から「結婚の誓い」について、神様のみ旨を再確認したいと思います。

こういうわけで、男は父母を離れて女と結ばれ、二人は一体となる。(創世記2章24節)

こういうわけで・・・とあるのは、この聖書箇所の直前に、女が男の助け手として、男のあばら骨から造られた経緯が示されているところを指しています。

また、新約聖書には、夫は妻を愛し、妻は夫に従うようにと、イエス・キリストと教会の関係を示して教えています。

夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自分を献げられたように、あなたがたも妻を愛しなさい。(エペソ人への手紙5章25節)

妻たちよ。主に従うように、自分の夫に従いなさい。(エペソ人への手紙5章22節)

夫にとって妻は、自分の体の一部(あばら骨)から造られ、キリストが教会(信者たち)を愛するように、命がけで愛すべき対象です。そして、妻にとって夫は、教会がキリストに従うように、従順に従うべき対象だと、聖書は告げています。

「結婚の誓い」の重要性

キリスト教結婚式では、牧師が2人の「結婚の誓い」を取り次ぎ、神様に祈るときが持たれます。「結婚の誓い」では、牧師は次のように新郎新婦に質問します。

「神の定めに従って、幸いなる時も、悲しみの時も、富める時も、貧しき時も、病める時も、健やかなる時も、死が2人を分かつまで、愛し、慈しむことを誓いますか?」

この質問は平易な言葉の繰り返しで、新郎と新婦に同じ言葉で行われますが、聖書に従えば次のような意味になるのでしょう。

新郎に対しては、「どんな困難な状況でも、キリストが十字架にかかり命がけで教会を愛したように、あなたは妻を愛することを誓いますか?」そして新婦に対しては、「どんな困難な状況でも、キリストの命がけの愛に応え、あなたは、キリストに従うように夫に従うことを誓いますか?」というような内容になります。

この質問に対し、2人が「誓います!」と応答し、牧師が祝福の祈りを行い、結婚宣言へと進むわけですが、新郎新婦は神様の前で、聖霊の助けなしでは到底実現できない誓いをしていることになります。

夫の責任は非常に大きい

夫と妻になった2人には、「結婚の誓い」に沿った責任が与えられますが、比較すると夫の責任は妻に比べてとても大きなものになります。なぜなら、教会が誕生したのは、キリストが十字架にかかり、命がけの愛を示した後のことだからです。

しかし、私たちがまだ罪人であったとき、キリストが私たちのために死なれたことによって、神は私たちに対するご自分の愛を明らかにしておられます。(ローマ人への手紙5章8節)

キリストが私たちを愛し、いのちを与えてくださったのは、私たちがキリストの存在すら知らない罪人だったときです。キリストの愛が先に示されたのですから、夫が妻を愛することは、妻の状況によらず先行されなければなりません。

まず、夫が「結婚の誓い」を宣言し続けたい!

日本の男性は、不器用で女性をリードできないとよくいわれます。私自身、そのような日本人男性の典型ですが、たとえ妻をリードできなくても、聖霊の助けにより、「結婚の誓い」のリーダーシップを取り続けたいものです。

幸いなことに「結婚の誓い」は、相手だけでなく自分の状況によらず、あらゆる時に行えるものですから、どんな逆境においても、まず神様の前に「結婚の誓い」を宣言する者でありたいと願っています。聖霊は私たちの内に住み、私たちの決心と宣言を必ず支えてくださるでしょう。結婚生活への祝福は、おのずと増し加えられてくるに違いありません。

40年を経て、私たちに残された結婚生活はそれほど長くはありませんが、天の御国に続く神様の御業を、今後とも体験させていただきたいと願っています。

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。新エンジン先行技術開発に従事。2011年定年退職し、関西聖書学院入学、14年同卒業。16年国内宣教師として按手。1985年新生から現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2014年、日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。20年、良き隣人バンク設立。富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

関連タグ:広田信也

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース