コロナで苦しむ教会を支援、教師には50万円を2年無利子貸付 日本同盟基督教団

2020年5月19日17時01分 印刷

日本同盟基督教団は、新型コロナウイルスによる経済的影響で苦しむ教会や教師を対象に貸し付けを行うことを決定し、15日までに教団ホームページで発表した。同教団内に設置された新型コロナウイルス感染症対策本部が、各教会からの状況報告などを参考に、支援策の検討を進めていた。同本部は発表で、「感染症の今後の状況は見通せませんが、引き続きお互いを覚えつつ祈りつつ取り組んでいきたく願っています」とした。

教会に対する貸し付けは、国内の災害救援活動積立金から貸し付ける形で行う。貸付額は10万円から10万円単位で50万円まで。返済期間は5年間で無利子。6月30日まで専用の申請書で申し込むことができる。

さらに、教師と教師候補者に対しては、「教師福祉基金」として1件当たり50万円を2年間無利子、その後は年利2パーセントの条件で貸し付ける。事由により、特別枠50万円の貸し出しも年利2パーセントの条件で実施する。

また、各種イベントの中止により収入の大幅減が見込まれる同教団の浜名湖バイブルキャンプ(静岡県)と松原湖バイブルキャンプ(長野県)に対しては、目標額を150万円として「キャンプ場特別支援献金」を諸教会に呼び掛けつつ、国内の災害救援活動積立金からも必要な補填を行う。一方、検討中としていた代理説教者費用の負担については、感染拡大防止のために説教者の移動や人との接近自体に制約があることから実施を見送った。

この他、各宣教区内の協力促進や情報交換のため、また他宣教区の様子が分かるよう、教団ホームページ内に宣教区情報掲示板も開設した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース