牧師の小窓(最終回)坂本龍馬の姪・岡上菊栄について(その25) 福江等

2020年4月12日18時12分 コラムニスト : 福江等 印刷
関連タグ:福江等

岡上菊栄の高知博愛園での働きは40歳から80歳までの40年間でした。昭和22年4月22日が博愛園での菊栄の最後の日でした。子どもたちと朝食を済ませて庭に出ると、柔らかい日差しがあたりを包み、菊栄を見つけた子どもたちが庭へ集まってきました。紀(とし)がムシロを持ってきて広げると、子どもたちは菊栄の周りに座りました。以下、武井優氏が記録している通りに記しておきます。

「皆におばあちゃんがお話しするのもこれが最後になりました。皆はほんとうに素晴らしい子どもですよ。どこにいても背筋を伸ばして、胸を張り、堂々とまことをもって一日を送ってくださいね。楽しかった日々をありがとう。おばあちゃんはどこにいても、皆のことは忘れませんからね。ありがとう。ほんとうにありがとう」

話を終えると、菊栄は門に立ちました。

「おばあちゃん、さようなら」
「おばあちゃん、ありがとう」

子どもたちの声に送られて、菊栄は門を出てゆっくりと杖をつきながら歩き始めました。菊栄は十歩進むと、立ち止まって振り向きました。また数歩進むと振り向きました。何度も何度も同じことが繰り返されました。紀はその時の菊栄の様子を次のように記しています。

「この時の菊栄先生には鶴のような気品とおかしがたい凛(りん)とした威厳がありました。着ている着物は普段着ですから粗末なものでしたが、ぴしっと着ておられました。やはり社会事業に挺身(ていしん)した人間の理想の姿といいますか、菊栄先生の崇高な精神が、全身からにじみ出ているように感じられました。子どもたちと一緒に、私はその姿が見えなくなるまでお見送りさせていただきましたが、立ち止まって、子どもを見返るときのお顔は慈愛に満ちていました。そのあまりの神ごうしさに涙が出たほどです」

岡上菊栄は5人の実子と三百数十人の子どもたちを立派に育て上げ、81歳でその生涯を閉じました。「おばあちゃんはここぞね」と刻まれた記念碑が現在、博愛園の庭に建てられています。高知に、いや日本に、このような一人のキリスト者が生きていたということに心が揺さぶられるではありませんか。(完)

(出典:武井優著『龍馬の姪・岡上菊栄の生涯』鳥影社出版、2003年)

<<前回へ

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)、『天のふるさとに近づきつつ―人生・信仰・終活―』(ビリー・グラハム著、訳書)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース