「神様と顔と顔を合わせる働き2020 神様の御顔を仰ぐ 癒しと奇跡の集会」 東京で8月12~14日

2020年3月17日21時45分 印刷
+「神様と顔と顔を合わせる働き2020 神様の御顔を仰ぐ 癒しと奇跡の集会」 東京で8月12~14日
昨年の集会で手を上げて神を賛美する参加者たち=2019年8月16日、なかのZERO(東京都中野区)で

「神様と顔と顔を合わせる働き2020 神様の御顔を仰ぐ 癒しと奇跡の集会」が8月12日から14日までの3日間、なかのZERO小ホール(東京都中野区)で行われる。デービッド・テーラー・ミラクルクルセード実行委員会(愛多妥直喜〔アタンダ・ナオキ〕実行委員長、鮫島紘一・佐々木満男副会長)が主催。

講師のデービッド・テーラー氏は1972年、米テネシー州メンフィス生まれ。麻薬中毒などに苦しんでいた17歳の時にイエス・キリストによって奇跡的に救われ、19歳から伝道者としての働きを始めた。集会では毎回、顕著な癒やしの奇跡が起こされており、東京で開催された集会でも、これまでに末期がんや歩行困難、糖尿病、難病を患った人々が癒やされている。

■ 実行委員会からの講師紹介

テーラー師は私たちの時代にあって「顔と顔を合わせた」預言者です。父なる神様との、また、主イエス様との親密さにかけては、師の右に出る者はいません。師の多くの集会において、イエス様と父なる神様が実際に御姿を現してくださいます。ですから、師の働きに奇跡、驚異、しるしや不思議が伴うのは当然のことなのです。

師への迫害が増すごとに、神様は師をさらなる祝福で満たしてくださっています。テーラー師が代表を務めるジョシュア・メディア・ミニストリーズの働きは、このところの数々の迫害を受けながらも、その勢いと規模において全地域で10倍の成長を遂げているのです。

先日、裁判官のカレン・マクドナルドは、FBIの捜査を受けた後、汚職の罪で有罪となり、罷免となりました。マクドナルドが擁護したリック・フレージャーという人物は、テーラー師に関するメディア上の恐喝の実に9割に関わっていたことが分かりました。フレージャーは何人もの裁判官や警官に賄賂を贈って、彼らがテーラー師を悩ませ続けるように仕向けました。

ミシガン州テーラー市の市長であるリック・ソラーズと市警察は、リック・フレージャーと共謀していたことが捜査によって明らかになり、汚職の責任を問われました。市長は起訴され、警官の1人は停職処分中です。

FBIは、テーラー師に何も不正を見いだせなかったどころか、師の活動に関する会計処理が公正かつ適切になされていることに驚きました。なお、師は、その活動を評され、オバマ大統領から生涯功労賞を受賞しています。

以上のことから、テーラー師に関して行き交っている根も葉もない偽りの情報をうのみにするのはやめましょう――贈収賄に関わった人々を通して策略を仕掛ける悪霊などには一切妨害されることのないようにしましょう。

この集会に参加して、奇跡を受け取りましょう!

日程の詳細は次の通り。

8月12日(水)
午後2時~4時 セッション1
午後5時~9時 セッション2

8月13日(木)
午前11時~午後3時 セッション3
午後5時~9時 セッション4

8月14日(金)
正午~3時 セッション5
午後5時~9時 セッション6

入場無料・席上献金あり。問い合わせは、同実行委員会事務局(電話:045・479・5060、090・9813・3545、メール:naokiatanda@yahoo.com、担当:愛多妥牧師)まで。

集会に関する最新情報は、フェイスブックページから見ることができる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

人気記事ランキング

コラム

主要ニュース