立教大学の学生ら、創立者ウィリアムズ主教の墓訪問 米バージニア州

2020年3月13日14時06分 印刷
+立教大学の学生ら、創立者ウィリアムズ主教の墓訪問 米バージニア州
立教大学を創立したチャニング・ムーア・ウィリアムズ主教の墓を訪れた同大の学生たち。中央奥に見える十字架の墓石がウィリアムズ主教の墓で、手前が当時の日本聖公会有志らが贈った追慕碑=6日、ハリウッド共同墓地(米バージニア州リッチモンド)で

立教大学の学生23人が今月初め、8日間の日程で米国を訪れ、同大創立者で日本聖公会初代主教のチャニング・ムーア・ウィリアムズ主教(1829~1910)の墓を訪問した。

訪米は、外務省の対日理解促進交流プログラム「カケハシ・プロジェクト」の一環。新型コロナウイルスの影響で出発直前にプログラムが大きく変更されるなどしたが、3月1日から8日にかけて、首都ワシントンとウィリアムズ主教の故郷で墓があるバージニア州リッチモンドを訪れた。

ウィリアムズ主教は米国聖公会の宣教師として、まだキリスト教が禁止されていた江戸時代末期の1859年に来日。その3年前から宣教師として中国に派遣されており、日米修好通商条約の発効を機に長崎港から入国した。74年には東京・築地に、聖書と英学を教える私塾「立教学校」を設立。これが後に立教大学となった。

非常な倹約家としても知られ、蓄えた財産の多くを日本各地の教会建設のために投じた。87年に米国聖公会と英国国教会が合同で日本聖公会を設立すると、初代主教となる。その後も老体に鞭打ちながら1908年に帰国するまで、約50年にわたって日本の宣教に尽力した。帰国から2年後、故郷リッチモンドで永眠。81歳だった。

ウィリアムズ主教の墓は、2人の米国大統領も眠るリッチモンドのハリウッド共同墓地にある。大きな十字架が立ち「BISHOP OF JAPAN(日本主教)」と刻まれた墓石のほか、日本聖公会の有志が贈った追慕碑もある。追慕碑には、日本宣教に生涯をささげたウィリアムズ主教を追悼する言葉とともに、「道ヲ傳ヘテ己ヲ傳ヘズ(道を伝えて己を伝えず)」という、主教の生きざまを言い表した言葉も刻まれている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月7日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,906
(+252)
1,206,590
(+76,815)
死者数 80
(+7)
67,510
(+4,807)
回復者数 592
(+8)
274,689
(+17,234)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース