バチカン、新型コロナウイルス対策で中国にマスク60~70万枚寄付

2020年2月5日14時38分 印刷
+バチカン、新型コロナウイルス対策で中国にマスク60~70万枚寄付
新型コロナウイルス対策のため、バチカンから中国に送られたマスク(写真:ビンチェンツォ・ハン・デュオ神父)

新型コロナウイルス対策のため、バチカン(ローマ教皇庁)が1月27日以降、中国の3つの省に計60~70万枚のマスクを送った。教皇慈善活動室やバチカン薬局、イタリアの中国人クリスチャンのグループが協力したという。中国の環球時報(英語版)が3日、伝えた。

環球時報によると、マスクの寄付は、教皇庁立ウルバノ大学で助任司祭を務める中国出身のビンチェンツォ・ハン・デュオ神父が考えた。教皇慈善活動室のコンラート・クライェフスキ枢機卿に相談し、同室と現地の中国人クリスチャンのグループがマスク代を負担。バチカン薬局がイタリアの国中のマスクを買い集めたという。

中国までの輸送は、中国南方航空などが無料で請け負った。マスクが届けられたのは、ウイルスが発生した武漢のある湖北と、東部の浙江、福建の計3省。ハン神父は環境時報に対し次のように語った。

「必要としている人々のところに、マスクが速く行き渡ることを願っています。そうすることで、ウイルスのために苦しんでいる人たちに、バチカンの関心が伝わるでしょう。全世界がこのウイルスとの戦いのために協力しています」

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース