バチカン高官に初の女性 「教皇の女性に対する注目の表れ」

2020年1月20日12時29分 印刷

バチカン(ローマ教皇庁)は15日、国務省外務局次官(外務副大臣に相当)にフランチェスカ・ディジョバンニ氏(66)を任命したと発表した。国務省の高官に女性が就くのは初めて。

ディジョバンニ氏は1953年、イタリア南部シチリア島のパレルモ生まれ。93年から外務局で勤務し、難民受け入れ問題や国際人道法などの分野で活躍してきた。今回の任命についてディジョバンニ氏は、バチカン公営のバチカン・ニュース(英語)の取材に応じ、「教皇は前例のない決定を下した」と驚きを示し、「教皇の女性に対する注目の表れ」だと述べた。

教皇フランシスコは元日のミサで、「女性は平和の貢献者であり、世界をより団結させ、平和にさせる」と語り、意思決定の場に女性が参加することの重要性を強調していた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース