イエズス会誌創刊170周年記念号に教皇が手書きメッセージ

2020年1月7日17時20分 印刷

【CJC】ローマ教皇フランシスコは、自らが所属する修道会「イエズス会」が発行する雑誌「ラ・チビルタ・カットリカ」(イタリア語、カトリック文明)創刊170周年記念号に手書きのメッセージを寄せた。2020年1月の最初の号の表紙に掲載される。バチカン・ニュースが報じた。

メッセージ(日本語訳はCJC通信による)は次の通り。

「170年前、ピオ9世がイエズス会に『ラ・チビルタ・カットリカ』刊行を求めた。以来、同誌は誠実にピオ9世に随伴した。貴誌がわたしにも同じように助けの手を差し伸べてくれることに感謝する」

「貴誌へのわたしの希望は、神にあってクリエーティブであってほしい。新しい道を探り、雑誌を力づける新たな国際的展望にも感謝する。各ページから、互いに耳を傾け合う多くのフロンティアの声をわたしたちは聞く」

「言語、憎しみの争い、利己心、偏見に関して洞察力を持とう。とりわけ、浅薄な提案や抽象的な総合に満足することなく、今日のあふれるばかりの不安という挑戦を受け止めてほしい。神はそこでいつも働いておられる」

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース