聖母マリアにも育児疲れはある? 教皇がクリスマスに「お母さんに休息を」画像

2019年12月28日21時30分 印刷
+聖母マリアにも育児疲れはある? 教皇がクリスマスに「お母さんに休息を」画像
ローマ教皇フランシスコの公式インスタグラムに投稿された画像(画像:スクリーンショット)

ローマ教皇フランシスコがクリスマスの25日、公式インスタグラム(@franciscus、英語他)に、育児に忙しい母親を助けるよう呼び掛ける1枚のウィットに富んだ画像を投稿した。

画像は、聖母マリアが横になって休み、父ヨセフが幼子イエスをあやしているもの。教皇は画像に、「ナティビティ(キリストの降誕)の特別な一場面を描いたものを提供いただきました。『お母さんに休息を』というタイトルです」とコメントを添えている。

教皇のインスタグラムには、約640万人のフォロアー(読者)がおり、投稿から3日で画像には39万人が「いいね」した。

一方、教皇は25日正午、バチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ広場で、クリスマスのメッセージ「ウルビ・エト・オルビ(ローマと世全界へ)」を語った。紛争や社会的混乱に苦しむ中東や東欧、南米、アフリカの国々の名前を一つ一つ挙げ、それぞれの地に平和が訪れるよう願い、最後には「この祝いの日に、主がすべての人に優しさをもたらし、この世の闇を明るく照らしてくださいますように」と祈りをささげた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース