宮村武夫氏死去、80歳 本紙編集長兼論説主幹

2019年8月16日17時13分 印刷
+宮村武夫氏死去、80歳 本紙編集長兼論説主幹
宮村武夫・本紙編集長兼論説主幹

本紙編集長兼論説主幹の宮村武夫氏が16日朝、千葉県内の病院で死去した。80歳だった。葬儀は近親者のみで執り行われる予定。遺族の意向で花料・供花などは辞退する。

今年4月に貧血のため検査入院した際、胃がんと診断され、5月22日に胃の全摘手術を受けた。その後も病院でリハビリを続けていたが、7月中旬ごろからは肺炎を患うなどして体調が悪化していた。

1939年東京都深川生まれ。開成高校時代、キリスト信仰に導かれる。62年に日本クリスチャン・カレッジ(現東京基督教大学)を卒業後、ゴードン神学院(現ゴードン・コンウェル神学校)、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。日本新約教団寄居キリスト福音教会(現日本リバイバル連盟寄居チャペル)牧師(62〜70年)、JECA青梅キリスト教会牧師(70〜86年)、JECA首里福音キリスト教会牧師(86〜2006年)を経て、ちいろば聖書集会、宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。本紙では、2014年4月から17年3月まで編集長(18年2月から再任)、17年4月からは論説主幹を務めた。

今年4月には、2009年から刊行が始まった著作集全8巻が完結し、東京都内で記念会が開催されるなどしていた。

主な著訳書に、編著『存在の喜び―もみの木の十年』(真文舎)、『申命記 新聖書講解シリーズ旧約4』、『コリント人への手紙 第一 新聖書注解 新約2』、『テサロニケ人への手紙 第一、二 新聖書注解 新約3』、『ガラテヤ人への手紙 新実用聖書注解』(以上いのちのことば社)、F・F・ブルース『ヘブル人への手紙』(聖書図書刊行会)、『哀歌講解説教 哀歌をともに』、『ルカの福音書 味読身読の手引き①』(以上クリスチャントゥデイ)ほか。

関連記事:追悼・宮村武夫先生

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース