立教大学の副総長2人が退任、ハラスメントの初期対応で誤り

2019年7月11日23時13分 印刷
関連タグ:立教大学
+立教大学
立教大学池袋キャンパス正門(写真:同大提供)

立教大学の副総長5人のうち2人が、ハラスメント事案の初期対応で誤りがあったとして、6月30日付で退任した。2人はハラスメントの当事者ではないが、責任を重く受け止め辞意を申し出たという。朝日新聞が11日に伝えた。

同紙によると、退任したのは池上岳彦教授(経済学部)と松尾哲矢教授(コミュニティ福祉学部)。ハラスメントの内容は、被害者保護のため明らかにされていない。

2人の退任を9日に報じていたバズフィードジャパンによると、ハラスメント事案は現在、学内で検証が行われており、事実と認定されれば関係者の処分もあり得るという。2人の退任は7月4日に開かれた学部長会議で承認された。

他の副学長3人は留任で、同大の副学長紹介ページには11日現在、3人の副総長のみが掲載されている。退任した池上氏は5人の副総長のまとめ役である統括副総長の立場にあり、退任に伴い、教学運営・大学院担当だった野澤正充教授(法務研究科)が後任となっている。なお同紙によると、退任した2人は、教授としての立場に変わりはないという。

関連タグ:立教大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース