日本聖公会、「女性の聖職に関する相談窓口」開設

2019年4月25日11時23分 印刷
関連タグ:日本聖公会

日本聖公会はこのほど、「女性の聖職に関する相談窓口」を開設した。昨年6月の総会で、女性の聖職者に関するガイドラインが改定され、「女性の聖職位に関わる委員会」が設置されたのに伴うもの。同委が23日、日本聖公会管区事務所のホームページで発表した。

相談窓口は同委の下に設置され、相談員4人が配属される。女性の聖職者自身が、ガイドラインに抵触する行為を受けたと感じたり、周囲がそれを見聞きしたりした場合など、相談することができる。

改定されたガイドラインは、「女性の司祭按手についての立場の違いを理由に、聖奠(せいてん)執行や交わりから排除されることがあってはならない」「性を理由として聖職志願を拒否することがあってはならない」「性によって聖職の待遇、ことに経済的待遇に差別があってはならない」など、性別による差別を禁止している。また各教区に対しては、国の労働基準法などを参考に、生理休暇や産前産後休業、育児休業などの適切な配慮を行うよう求めている。

相談や申し立ては、聖職者、信徒、洗礼志願者のほか、宣教牧会活動に参加している人であれば誰でも可能。同委は、相談窓口を案内するパンフレットを作成し、全国の教会に送付するとし、「信徒・教役者の皆様へご案内くださり、パンフレットの配布にご協力いただければ幸いです」と呼び掛けている。

相談の申し込みは、管区事務所への郵送、または専用フォームで受け付ける。

関連タグ:日本聖公会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース