ベツレヘム聖誕教会で発見された12世紀のモザイク壁画 古代オリエント博物館でクローズアップ展示

2019年1月11日23時02分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+ベツレヘム聖誕教会で発見された12世紀のモザイク壁画 古代オリエント博物館でクローズアップ展示
保存修復作業の様子や、発見された12世紀のモザイク壁画を写真パネルで紹介している。
- 広告 -

現存する最古の教会堂とされるベツレヘム聖誕教会の修復作業中に発見された12世紀のモザイク壁画を紹介するクローズアップ展示が、東京・池袋の古代オリエント博物館で開かれている。2月4日まで。

イエス・キリスト生誕の地とされるヨルダン川西岸のパレスチナ南部にあるベツレヘム。その地に立つ聖誕教会は、6世紀に再建された建築を中心としており、長い年月と度重なる紛争によって崩壊寸前まで傷ついていた。

2012年にパレスチナ自治区内で初めてユネスコ世界遺産に登録されたが、崩落する可能性が指摘され、危機遺産としても登録された。保存修復作業は、イタリアのピアチェンティ社が担当し、現在も継続中だ。

その最中の2016年春、壁に塗り固められた漆喰の下から天使のモザイク画(12世紀ごろ)が発見され、話題を呼んだ。

展示では、写真パネルや映像を用いて、保存修復作業の様子や、その過程での発見を紹介している。

ベツレヘム聖誕教会で発見された12世紀のモザイク壁画 古代オリエント博物館でクローズアップ展示
修復されたモザイク壁画の写真パネル
ベツレヘム聖誕教会で発見された12世紀のモザイク壁画 古代オリエント博物館でクローズアップ展示
会場では保存修復作業の映像も見ることができる。

開館時間は午前10時から午後5時。入館料は常設展と共通で一般600円(大高生500円、中小生200円)。1月25日午後7時からは、ナイト講座「パレスチナにおけるビザンツ期、十字軍期の教会堂遺構」が開かれる。講師は、慶応義塾大学文学部教授の杉本智俊氏。ナイト講座は要事前申し込み。問い合わせは、古代オリエント博物館(03・3989・3491)まで。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング