バチカン広報局のトップ2人が突如辞任

2019年1月8日04時52分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+バチカン
バチカンのサンピエトロ大聖堂からの眺め(写真:Diliff)
- 広告 -

【CJC】バチカン(ローマ教皇庁)のグレッグ・バーク(ブルグ)広報局長(信徒、米国籍)とパロマ・ガルシア・オベヘロ副局長(信徒、スペイン国籍)が1日、辞任した。

バーク局長、ガルシア副局長は2016年の任命当初、広報局を率いる「信徒の職業ジャーナリスト」として歓迎された。ガルシア氏は女性最初の副局長。2人とも聖職者と男性の存在が圧倒的なバチカンで関心を集めていた。

広報局を統括している「広報のための部署」のパオロ・ルフィーニ長官は18年7月に任命されたばかり。広報局正副責任者の突然の辞任は予想外だった可能性がある。今回の決断には「学ぶことがあった」し、辞任は「自由で自主的な選択」だとして、「敬意を払うしかない」と同長官は述べている。

ローマ教皇フランシスコは、アレッサンドロ・ギソッティ氏を広報局暫定局長に任命した。同氏は「広報のための部署」に向けて活動するメディアの代表を勤めてきた。

今回の異動理由は明らかにされていないが、バーク氏は「新たな人事を教皇が自由に行うために、これが最善と思う」と述べている。

教皇が個人的に親しかったイタリア人のアンドレア・トルニエッリ氏を「広報のための部署」で職務を定めないまま重要な地位に就けた2週間後の辞任発表も、その間の事情をうかがわせる。

トルニエッリ氏は、ニュース・ウエブサイト「バチカン・インサイダー」を運営していたことがあり、現在はバチカンが発信するメディアの編集方針調整に当たっている。

教皇は、着座以来6年近く、バチカンのコミュニケーション構造の改革を優先的に進めている。15年6月に「広報のための部署」を設立、バチカンのさまざまなメディアを統括する権限を与えた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング