同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」

2018年11月28日16時29分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」
同志社大学で初開催された「TEDxDoshihaU」にスピーカーとして登壇する青木保憲氏=24日、同大京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で
- 広告 -

世界的に人気の講演企画「TED(テッド)」の派生イベント「TEDxDoshishaU」が24日、同志社大学の京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で初開催された。6人のスピーカーと1人のパフォーマーが登壇し、それぞれのテーマについて語ったり、パフォーマンスを披露したりした。同大神学部嘱託講師で牧師の青木保憲氏もスピーカーの1人として登壇し、「信じられる自分をつくる方法」をテーマに語った。

講演時間は18分 各分野の第一人者が講演

技術・エンターテインメント・デザイン(Technology Entertainment Design:TED)など、さまざまな分野における第一人者が講演を行うのが特徴のTED。イベントの正式名称は「TED Conference」で、TED自体はイベントを主催する非営利団体だ。始まったのは1984年と、34年の歴史があるが、最初は身内のサロン的集まりだったという。しかし、2006年から講演内容をネット配信するようになり、全世界に知られるようになった。ビル・クリントン元米大統領など多数の著名人が講演しており、キリスト教関係の講演者には、故ビリー・グラハム牧師(1998年)や、リック・ウォレン牧師(2006年)らがいる。

講演者に与えられる時間は18分。これが、人間が集中して聴くことのできる最大の時間だからだという。この限られた時間内で、講演者は自身が習得している技術やアイデア、興味を持って追究している分野をプレゼンテーションする。このシンプルな形態がウケ、TEDの「良いアイデアを広めよう(Ideas Worth Spreading)」の精神に基づいて、世界各地で独自に運営されているプログラムが「TEDx(テデックス)」だ。「x」はTEDにしばられず独自に運営されているという意味で、2009年に東京で「TEDxTokyo」が開催されて以来、日本にも浸透しつつある。

大学ではこれまで、東京大学や立教大学、京都大学、北海道大学などで開催されている。大学で行われる「TEDx」には、University(大学)の「U」が付き、「TEDxUTokyo」「TEDxRikkyoU」などとして開かれている。

同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」
スピーカーとして登壇する青木氏

学生が企画運営する「TEDxDoshishaU」

「TEDxDoshishaU」を企画運営するのは、同志社大学の学生たち。会場には、協賛会社の出店ブースがあったり、講演者と参加者が語り合えるテーブルが用意されていたりと、ちょっとした「お祭り気分」を味わえる演出となっていた。

スピーカーは青木氏の他に、濱田祐太(関西学院大学法学部4年、NPO法人TEAM丹波理事)、井口和之(同志社中学社会科教師)、吉田将太(同志社大学理工学部4年)、高橋野枝(のえ)(女性リーダーシップ提唱者)、永野陽平(同志社大学大学院理工学研究科2年)の5氏。また、飛鳥梅之介氏(同志社大学文学部3年)がパフォーマーとして登壇し、日本舞踊を披露した。

キリスト教用語を使わずに宗教(キリスト教)を紹介

20代前半の若い講演者が多い中、50代の牧師である青木氏が選ばれたのは、企画チームの中に青木氏の授業を受けた学生がいたからだ。学生は「あの授業の雰囲気で話してくれたら」と依頼したという。青木氏は初め非常に驚いたというが、一方でどうしても語りたい内容があったという。それが「日本人の宗教嫌いについて、キリスト教的視点から新たな観点を示すこと」だった。

しかし、TED系のイベントには禁止事項が2つある。1つは、自分が関与しているビジネスの宣伝。もう1つは、自分の信じている宗教の押し付けだ。このルールを聞いたとき、青木氏は逆に「それなら宗教(キリスト教)について語ろう、と決断しました(笑)。押し付けではなく、宗教の肯定的側面を『紹介する』内容にしようと考えました」と言う。そして、一切の神学用語やキリスト教界のみで通用する用語を排除し、一般的な日本語のみで表現する作業から講演の用意を始めた。

同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」
スクリーンには「宗教を利用せよ!」の文字が

「信じられる自分をつくる方法」をテーマに語った青木氏はまず、現代日本でよく耳にする「自分を信じて」「自分らしく」という言葉を取り上げた。こういう言い回しは、学生時代までは大いに称揚される。周りもそれを受け入れ、応援する機運がある。しかし一旦社会に出ると、自分を肯定するのではなく、自分を否定されるという、まったく反対のメッセージを受け取るように強要されることがある。それが近年では、「セクハラ」や「パワハラ」「マタハラ」「アカハラ」などという言葉で表現される形で表れ、メディアをにぎわせている。この「矛盾する社会」に出たとき、必要となるのは一体何なのか。青木氏は、こうした視点から講演を進めていった。

「実は聖書を知りたかった」という参加者も

講演を終えた青木氏は「やはり、こうした一般の企画に『牧師』という肩書を持って出て行くことは必要だと感じました」と言う。参加者からの感想はおおむね好評だとし、「私が伝えたかった宗教(キリスト教)の肯定的側面をしっかりとつかみ取ってくれたようです」と話す。さらに、数人の学生からは「実は聖書を知りたかった」と言われ、早速、来週から聖書の「お勉強会」を始めることにしたという。

同志社大で「TEDx」初開催 青木保憲牧師が登壇「信じられる自分をつくる方法」
講演後、会場に設置されたテーブルで参加した学生たちと話し合う青木氏

「あくまでも大学では、アカデミックなキリスト教をレクチャーしています」と言う青木氏。同志社大学では、創設者の新島襄に関する授業を担当しているが、「神学的な視点で聖書を語るスタイル、このやり方が一番確かだと私は確信しています」と話す。

講演後も、会場に設置されたテーブルでは、青木氏を含むスピーカーやパフォーマーが、押し掛ける学生たちと1時間以上にわたって語り合う姿があった。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング