アジア福音同盟議長「祈りと聖霊の力によって」 東京で講演

2008年9月19日04時33分 印刷
+集会で講演するアジア福音同盟(EFA)のキム・サンボク議長=18日、お茶の水クリスチャンセンターで
集会で講演するアジア福音同盟(EFA)のキム・サンボク議長=18日、お茶の水クリスチャンセンターで

アジア福音同盟(EFA)議長のキム・サンボク牧師(韓国ハレルヤ教会)が18日、東京のお茶の水クリスチャンセンター(OCC)で開かれている「Women of Global Action(=WOGA)JAPAN」(ボーマン・ルリ子代表)主催の集会で講演し、「私たちがすべきことはイエスに求めること」「聖霊がみなさんのうちに働いてくださる」と聖書の御言葉を伝えた。

キム氏は、イエスが地上で成した働きとして(1)教える働き、(2)宣教の働き、(3)いやしの働きの3つをマタイの福音書4章23節から挙げ、「わたしを信じる者は、わたしの行なうわざを行ない」(ヨハネ14:12)とある通り、これが地上でキリスト者の成す働きであると語った。

キム氏は「(聖書の御言葉を)知らなければ実生活で実践することができない」と聖書を学ぶ大切さを強調し、「御言葉を深く汲み取って、福音が何を語っているかをはっきりと伝えなければならない」と述べた。

また、「誰も自分の力で自分を救うことはできない。できることはただイエスを心で信じ、頼って生きること」と語り、イエス・キリスト以外に救いに至る道はないことを強調。「イエスを受け入れるほかにない、それが福音のニュース」「これを伝えていかなければならない」と語った。

さらに、「私たちがすべきことはイエスに求めること」と語り、神によって示された働きは自分の力や計画によってではなく、ただ神ご自身が働かれることによってのみ成されるのであり、何でも祈りをもってするときに神が成してくださると強調した。

最後にキム氏は、「(聖霊は)どこにいっても、いつもともにいてくださる」(ヨハネ14:18)「自分の力や知性ではなく、聖霊がみなさんのうちに働いてくださる」と語り、祈りと聖霊の力によって主に仕えていく聖徒の姿を示した。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース