子育てパパのキリスト教ひとり言(3)神様はいやらしい!?

2018年10月25日14時29分 コラムニスト : 箕輪勇気 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+子育てパパのキリスト教ひとり言(3)神様はいやらしい!?
(写真:Nietjuh)
- 広告 -

「神様はあなたを愛している!」 年頃の女の子がそう聞くと、「まぁ、いやらしい!」と思う子もいるそうだ。

どうやら「愛している」の意味を「セックスする」という意味に取ったらしい。これも時代の流れなのか、「愛している」と言うと、すぐにセックスを思い浮かべる人も結構いるようだ。

今日の日本では、恋愛すればセックスが当たり前で、「セックスフレンド」はまだしも、「できちゃった婚」はかなり昔に市民権を得てしまった感がある。これでは若者に「神様はあなたを愛している!」なんて言うだけではダメかもしれない。人を愛するということが、どのようなものであるかを説明しないと。

でも皆さんは「愛」をどう説明しますか。

辞書に書かれた定義を話したり、「愛ってこういうものだよ」と説明したりすれば、分かってもらえるものだろうか。

私の父いわく「愛は感じるもの」だそうだ。そうかもしれない。いくら愛を説明して、頭で分かったつもりになっても、それは愛を本当に理解したわけではない。

人を「愛する」気持ちは心で感じるものだ。また、私は「愛されている」と実感することも、それを心で受け入れ、初めて分かるものだ。

<聖書のみことば>

「愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです」(1ヨハネ4:8)

<<前回へ     次回へ>>

箕輪勇気(みのわ・ゆうき)

1981年名古屋市生まれ。2002年受洗。05年から4年間、神学校(信徒向けコース)で学び、現在は社会人として働きながら妻と共に一般信徒として教会に仕える。2児の父。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング