牧師の小窓(138)バーバラ・ブッシュ氏の名言 福江等

2018年7月1日20時44分 コラムニスト : 福江等 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等
+牧師の小窓(138)バーバラ・ブッシュ氏の名言 福江等
バーバラ・ブッシュ氏
- 広告 -

4月17日に先の米国大統領ジョージ・ブッシュ(父)の妻であったバーバラ・ブッシュ氏が92歳で天に召されました。バーバラ氏は家族を大切にしたことで有名です。今回のコラムでは、人生や結婚、子どもについて、彼女の残した名言を拙訳してみたいと思います。

  1. あなたが願っているほどに、人生は幸運に巡り合うというものではありません。友情であれ、チャンスであれ、一歩ずつ築き上げていくものです。
  2. 人が何を言うかをどうして心配するのですか。あなたを気に掛けてくれている人は、あなたの成功を願ってくれるし、自分のことしか考えていない人は、聞くほどの値打ちもないことしか言わないものです。
  3. この世には自分の時間やお金や才能や、自分の命さえもささげる人がいます。誰もが何かささげることのできるものを持っているのです。
  4. 偏見とか差別とかというものは、人から教わるのです。親が女性や出身の異なる人々を軽蔑するようなことを言っているのを聞くと、子どもも同じようなことを言うようになるものです。
  5. 家のお掃除が難しいのは、翌日にはまた汚れるからです。ですから、仕方のない時は1週間くらい掃除抜きでもいいのです。子どもたちが最も大切なのです。私たちにとって家族というのは、お互いに手で抱き合ってそこにいる、ということを意味しています。
  6. 戦争は良くありません。
  7. 大統領には何でもできる力があると思われるかもしれません。しかし、実際はそうではありません。大統領は神様からたくさんの導きを必要としているのです。
  8. 私は年を取っていますが、72年前に結婚した男性を今も愛しています。
  9. 絆を大切にしなさい。友達や家族との結びつきを。
  10. 子どもたちを全身全霊で愛しなさい。難しいことです。でもそれがただ一つの方法なのです。
  11. 子どもたちのために本を読んであげなさい。子どもたちを抱きしめ、愛しなさい。家族の繁栄も、社会の繁栄も、ホワイトハウスで何が起きるかによるのではなく、あなたの家庭で何が起きるかで決まるのです。
  12. あなたの幸せを測る最も大切な測りは、あなたの家族、あなたの友人たち、また同僚たち、あるいは道で出会う見知らぬ人に対して、あなたがどのように接するかである、という事実を決して見失わないようにしましょう。
  13. ささげることは、私たちを自分たちの必要という慣れ親しんだ領域から解放し、他者の必要で占められている説明のつかない世界へと私たちの心を開かせてくれます。
  14. もし人が、問題のある者としてではなく、潜在能力のある者として、弱さではなく、強さを持っている者として、鈍感で反応のない者としてではなく、無限の可能性のある者として見られるなら、その人は目標に向かって前進する者となり、自らの可能性を伸ばしていくことでしょう。

<<前回へ     次回へ>>

福江等

福江等(ふくえ・ひとし)

1947年、香川県生まれ。1966年、上智大学文学部英文科に入学。1984年、ボストン大学大学院卒、神学博士号修得。1973年、高知加賀野井キリスト教会創立。2001年(フィリピン)アジア・パシフィック・ナザレン神学大学院教授、学長。現在、高知加賀野井キリスト教会牧師、高知刑務所教誨師、高知県立大学非常勤講師。著書に『主が聖であられるように』(訳書)、『聖化の説教[旧約篇Ⅱ]―牧師17人が語るホーリネスの恵み』(共著)など。

福江等牧師フェイスブックページ
高知加賀野井キリスト教会ホームページ
高知加賀野井キリスト教会フェイスブックページ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:福江等

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング