聖墳墓教会、閉鎖は3日間で解除 エルサレム

2018年3月6日14時45分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+聖墳墓教会・エディクラ
聖墳墓教会内にあるエディクラ。イエス・キリストの遺体が葬られた場所の上に建てられたと信じられている。(写真:Jlascar)
- 広告 -

【CJC】エルサレム旧市街にあるキリスト教の聖地、聖墳墓教会を共同管理するキリスト教各派は2月28日、イスラエルの課税計画に抗議するため25日から閉鎖していた同教会を開放した。閉鎖の間、観光客やキリスト教徒の巡礼者が教会内に入れないなどの混乱が続いていた。

共同通信などが伝えたところによると、イスラエル首相府が27日、課税をめぐる問題を解決するため「専門チーム」を設置すると表明。これを受け、キリスト教各派が翌28日から同教会を開放すると声明で発表した。

キリスト教各派は、エルサレム市当局が各派の所有財産に課税する計画を進めていることに反発。「エルサレムにおけるキリスト教徒の立場を弱めようとする試みだ」と主張し、異例の教会閉鎖に踏み切っていた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング