パキスタンの教会で自爆テロ、9人死亡 世界教会協議会が非難

2017年12月18日17時58分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+パキスタンの教会で自爆テロ、9人死亡 世界教会協議会が非難
(図:NordNordWest)

パキスタン南西部の都市クエッタで17日、襲撃犯2人が礼拝中の教会を自爆攻撃し、少なくとも9人が死亡、50人以上が負傷した。

襲撃があったのはベテル記念メソジスト教会で、事件当時、教会には約400人の礼拝出席者がいた。クリスマスを間近に控え、礼拝には通常の250人を大きく上回る人々が集まっていた。

襲撃犯の1人が教会の入り口で爆弾を爆破させ、次に銃で武装した別の襲撃犯が礼拝出席者に向かって発砲。発砲した襲撃犯はその後、現場で警護に当たっていた治安要員に射殺された。

事件を受けて、世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事(ノルウェー教会牧師)は、犠牲者へ哀悼の意を表明し、暴力に対し団結し続けるよう呼び掛けた。

「人命を軽視するこのような惨劇を非難します。人々は礼拝するために教会に集っていたのです。このような破壊行為によって、私たちの信仰や団結、平和と正義に向けた取り組みが弱められることはありません」

クエッタは、パキスタン最大の州であるバローチスターン州の州都。同州はイラン、アフガニスタンの両国と国境を接する州で、イスラム過激派や分離独立派による襲撃が頻発している。

事件後、過激派組織「イスラム国」(IS)が、傘下の報道機関アマク通信を通じて犯行声明を発表した。しかし、襲撃の証拠など詳細については示していない。

※ この記事は世界教会協議会(WCC)のプレスリリースを日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース