日本YWCA、政府の核兵器廃絶決議案に抗議 核兵器禁止条約への批准求める

2017年10月18日17時54分 記者 : 内田周作 印刷

日本YWCA(東京都千代田区、藤谷佐斗子会長)は13日、日本政府が国連に提出した核兵器廃絶決議案に抗議し、核兵器禁止条約への批准を求める要望書を発表した。

国連に提出された決議案は、日本政府が唯一の戦争被爆国として核兵器の廃絶を呼び掛けるもので、24年連続で提出されている。昨年は167カ国が賛成して採択されたが、今年は核兵器禁止条約に日本が反対していることなどから、同条約の推進国の一部が決議案の支持に慎重な立場を示している。

日本YWCAは、今年の決議案について「昨年の決議内容から大きく後退する」と指摘。核軍縮よりも、核保有国を容認した軍事による安全保障を優先しているとし、政府の姿勢を批判した。

また、政府が核兵器禁止条約に反対することは、広島や長崎の被爆者の声をないがしろにするものだと主張。「日本政府のなすべきことは、核拡散防止条約より前進した核兵器禁止条約を支持し、核保有国へこの条約への批准を働きかけることです」と訴えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース