ビジネスマンから牧師への祝福された道(67)失業者にどのようにアプローチすべきか 門谷晥一

2017年8月14日16時50分 コラムニスト : 門谷晥一 印刷
関連タグ:門谷晥一

こんな時にどうするQ&A 聖書的原則と私の体験(14)
失業者にどのようにアプローチすべきか

失業者へのアプローチにおいて大切なことは、彼が心の問題と実際の生活上の問題の両面を抱えていることを覚え、両面からのアプローチを行う必要があるということである。

失業者が教会に属しているキリスト者の場合には、彼の属する教会がいろいろな助けを行うことが可能と思われるし、その方法も種々のことが考えられるので、特にここでは触れない。

失業者が、現在教会に属していないキリスト者の場合には、彼が信仰を回復するように導くとともに、どこかの教会に属するように勧めることが大切である。しかし同時にまた、実際の生活上の問題についてもアプローチしていくことも必要である。

彼が、どこかの教会につながるようになれば、心の問題は解決されると思うし、また、実際の生活上の問題も、教会とのつながりを通して、いずれ解決されていくものと思われる。教会につながることが困難な場合には、以下に示す失業者がキリスト者でない場合のアプローチに倣うことが必要となろう。

失業者がキリスト者でない場合には、心の問題と実際の生活上の問題の両方に同時にアプローチしていくことが必要である。この場合、以下の手順でアプローチすることが望ましい。ただし、実際のアプローチに当たっては、コロサイ4:5、6に「外部の人に対して賢明にふるまい、機会を十分に生かして用いなさい。あなたがたのことばが、いつも親切で、塩味のきいたものであるようにしなさい。そうすれば、ひとりひとりに対する答え方がわかります」とある通り、祈りつつ個々人の状況に応じて行うことが必要と思われる。

(イ)まず失業者の話をよく聞き、彼の心の状態を判断するとともに、生活の状況や問題点などについてよく知ることが必要である。

(ロ)次に、彼がこれから先、生きていくために、どのような支援ができるのかを共に考えることが必要である。心の問題については、福音によって生きる希望を与えること、また、実際の生活上の問題については、生活のための具体的な支援策を考えることが大切である。

(ハ)さらに、自分のできる範囲で実際の支援を行うことが必要である。例えば、失業保険や生活保護のための申請の手伝いを行うことや、行政の助けを紹介することや、職業を紹介することなど。また、食事や宿泊など、できる範囲で生活上の具体的な支援を行うことも大切であろう。

上記(イ)〜(ハ)を行うとき、Ⅰペテロ2:12に「異邦人の中にあって、りっぱにふるまいなさい。そうすれば、彼らは、何かのことであなたがたを悪人呼ばわりしていても、あなたがたのそのりっぱな行いを見て、おとずれの日に神をほめたたえるようになります」とある通り、真心から仕えることが大切である。

《 参考文献を表示 》 / 《 非表示 》

<<前回へ     次回へ>>

門谷晥一

門谷晥一(かどたに・かんいち)

1943年生まれ。東京大学工学部大学院修士課程卒業。米国ミネソタ州立大学工学部大学院にてPh.D.(工学博士)取得。小松製作所研究本部首席技監(役員待遇理事)などを歴任。2006年、関西聖書学院本科卒業。神奈川県厚木市にて妻と共に自宅にて教会の開拓開始。アガペコミュニティーチャーチ牧師。著書に『ビジネスマンから牧師への祝福された道―今、見えてきた大切なこと―』(イーグレープ)。

【門谷晥一著書】(Amazon)
【門谷晥一著書】(イーグレープ)

関連タグ:門谷晥一

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース