ルターゆかりの地、ヴィッテンベルクで宗教改革500年の記念行事始まる

2017年5月31日19時53分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
+ルターゆかりの地、ヴィッテンベルクで宗教改革500年の公式記念行事始まる
マルティン・ルターゆかりの地であるドイツ北東部ザクセン・アンハルト州のヴィッテンベルクで始まった宗教改革500年の記念行事(写真:英国クリスチャントゥデイ)

宗教改革500年を記念する公式行事が、マルティン・ルターゆかりの地、ドイツ北東部ザクセン・アンハルト州の古くからの町、ヴィッテンベルクで始まった。ルターと、やはりこの町で共に働いたフィリップ・メランヒトンの像が設置された広場では、約4千人の人々が集まって礼拝をした。

礼拝には、ドイツのフランクワルター・シュタインマイヤー大統領からメッセージが届いた。「宗教改革はドイツの歴史、文化、生活様式全般にわたって何世紀もの間、影響を与えてきました。そして今も影響を与え続けています。人間が『宗教という名前で表明されている不寛容と暴力を克服する』ことが教訓の1つです」

ドイツ福音主義教会(EKD)常議員会のハインリッヒ・ベドフォート・シュトローム議長は、「宗教改革のメッセージによって、人々の心が動かされてほしいものです。『宗教改革の夏』のイベントが終わって後、懐疑的だった人たちが信仰を見いだしてくれることが夢であり、希望です」と述べた。

町の駅では、数カ月間にわたって欧州各国を巡る「移動ルター展」の出発式が行われた。式の初めにはイルゼ・ユンカーマン監督の司式で祈祷会が行われ、約250人が参加した。

ルター生誕の地、ヴィッテンベルクで宗教改革500年の公式記念行事始まる
ルターが扉に95カ条の論題を貼り付けたとされているヴィッテンベルクの城教会(写真:英国クリスチャントゥデイ)

ヴィッテンベルクは、かつてルターが画期的な神の恵みに関する神学を構築し、城教会の扉に95カ条の論題を貼り付けたことで、ルターゆかりの地となっている。ヴィッテンベルクは宗教改革500年記念式典の中心地であり、これから数カ月間は多くの観光客を迎える準備をすることになる。EKDは、教会、地域社会、政治を含むさまざまなテーマに関する80の出展者を動員し、この小さな町の周辺7地域で大きな展示会を行う準備をしてきた。ルターの遺産によって、世界とキリスト教界に衝撃を与えることを目指している。

ルター生誕の地、ヴィッテンベルクで宗教改革500年の公式記念行事始まる
数カ月間にわたって欧州各国を巡る「移動ルター展」(写真:英国クリスチャントゥデイ)

21日から28日までは、ドイツのプロテスタント教会が2年に1度開催する教会大会「キルヘンターク」が開かれ、世界中から教派を超えて数万人が集まった。今年はベルリンが主会場で、アンゲラ・メルケル首相の他に、バラク・オバマ前米大統領も登場。ヴィッテンベルクも副会場として多くの人が訪れた。

かつてルターが説教した2つの重要な教会である「城教会」と「市教会」の他にも、ヴィッテンベルクには、ルターが長年にわたって生活した「ルターハウス」という最大で永遠の展示物がある。この建物は現在、博物館となっており、宗教改革500年を記念して、さまざまな物品や資料を展示する「95の宝と95人の人々」が行われている。ルターの肖像画を描いたフィリップ・メランヒトンやルーカス・クラナッハといった画家らの家もまた、多くの観光客が訪れることになるであろう。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース