チャイルド・ファンド、書き損じた年賀状でネパールの子どもたちを支援 25枚で辞書1冊に

2017年1月27日19時55分 記者 : 新庄れい麻 印刷
+ チャイルド・ファンド 書き損じた年賀状でネパールの子どもたちを支援 25枚で辞書1冊に
仮設教室で勉強するネパールの子どもたち(写真:チャイルド・ファンド・ジャパン)

キリスト教系の認定NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン(東京都杉並区)は、「書き損じた年賀状でネパールの子どもたちを支援しよう!」キャンペーンを開始し、書き損じたはがきや未使用切手の募集を呼び掛けている。

集められたはがきや切手は、郵便局で5円の手数料を払って新しい切手に交換され、交換した切手や未使用切手を同団体の郵便物発送の際に利用される。切手の購入予算が、2015年4月25日に発生した大地震で甚大な被害を受けた、ネパールの子どもたちの教育支援プロジェクトの活動資金として活用される(換金などの上、事業に活用する場合もある)。

1995年からネパールで支援活動を行っている同団体は、家屋や校舎の倒壊など地震による大きな被害を受けた地域で、これまでに緊急支援物資の配布や、仮設教室の建設などの支援も行ってきた。現在は、セメントと鉄柱を使って、頑丈な、安心して勉強できる校舎の建設を進めており、また、子どもたちが楽しく学ぶことができるよう、学校環境を整える活動にも取り組んでいる。

このキャンペーンでは、授業を行うために必要な学校設備を整備し、また、辞書などの学用品を支給することを目指している。はがきは25枚で辞書を1冊または地球儀を1つ、100枚で算数の学習セットを1つ、子どもたちに贈ることができる。はがきは、未使用のものだけでなく、書き損じた年賀状なども送ることができる。

■「書き損じた年賀状でネパールの子どもたちを支援しよう!」キャンペーン
・集めているもの:未使用の年賀状・官製はがき(書き損じたものでも可)、未使用の切手(使用済みの切手は不可)
※はがきに記載された個人情報は十分留意して取り扱われる。
・送付先:〒167-0041東京都杉並区善福寺2-17-5チャイルド・ファンド・ジャパン ハガキ17係
・募集期間:1年を通して受け付け

詳細・問い合わせは、チャイルド・ファンド・ジャパン(電話:03・3399・8123、ホームページ)まで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース