トランプ米大統領、中絶支援NGOへの助成禁止 プロライフの立場明確に

2017年1月24日22時13分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+トランプ米大統領、中絶支援NGOへの助成禁止 プロライフの立場明確に
ドナルド・トランプ米大統領は23日、「メキシコシティー政策」復活のほか、環太平洋経済連携協定(TPP)廃止などを命じる大統領令に署名した。(写真:同大統領の公式フェイスブックより)
- 広告 -

ドナルド・トランプ米大統領は、本格的な執務初日となった23日、海外で人工妊娠中絶や中絶教育の支援をする非政府組織(NGO)に対して、米国の連邦助成金を用いることを禁じる大統領令に署名し、「メキシコシティー政策」を復活させた。

このメキシコシティー政策は1984年、メキシコシティーで開催された国連の国際人口会議で、当時のロナルド・レーガン大統領(共和党)が発表したため、こう呼ばれている。民主党のビル・クリントン政権時代に撤廃(93年)されるも、共和党のジョージ・W・ブッシュ元大統領が復活させた(2001年)。しかし、民主党のバラク・オバマ前大統領が再度撤廃(09年)。そして今回、共和党のトランプ氏が、再び復活させた形になる。

一方、前日22日は、米国で中絶が合法化された「ロー対ウェイド判決」(1973年)の記念日でもあった。21日には、米国内ばかりではなく、ロンドンや世界各地で何十万人もの女性たちが反トランプの抗議デモに参加した。一方、こうした女性の権利を尊重し、中絶を認めるよう求める「プロチョイス」の立場の人々に対し、胎児の生命を尊重し、中絶に反対する「プロライフ」の立場の人々も行動を起こす。米政治専門紙「ザ・ヒル」によると、27日には、中絶反対を訴える毎年恒例の「マーチ・フォー・ライフ(いのちの行進)」が首都ワシントンで行われる。

共和党のマイケル・バージェス下院議員は同紙に対して、「生命はかけがえのない、神聖な賜物であり、私たちはそれを守るために自分たちにできるあらゆることを行わねばなりません」とコメント。「私はこの重要な決定をしたトランプ大統領を称賛し、中絶反対の方針を進め、国民の税金を守ることにおいて共に働き続けることを楽しみにしています」と述べた。

一方、民主党議員らは、この大統領令が女性の生殖権を縮小するもので、「危険な強迫観念」を反映していると公に非難した。

民主党のジーン・シャヒーン上院議員は声明で、「トランプ大統領の『グローバル・ギャグ・ルール(口封じの世界ルール)』(メキシコシティー政策の別称)の復活は、何十年もの調査を無視し、その代わりに女性と家族に関する観念的な政策に賛同するものです」とコメント。「私は、女性の生殖医療の利用を縮小することに熱心なトランプ大統領と共和党のリーダーシップに議会で抵抗し続け、グローバル・ギャグ・ルールを永遠に廃止する超党派の法を導入します」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング