9人死亡の米黒人教会銃乱射事件、22歳の白人被告に有罪評決

2016年12月20日00時08分 印刷
+銃乱射事件、米連邦検察が被告に死刑求刑
9人が亡くなった銃乱射事件の起きた米サウスカロライナ州チャールストン市のエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督(AME)教会(写真:jalexartis)

【CJC】米サウスカロライナ州チャールストンの教会で2015年6月17日、黒人の男女9人が殺害された銃乱射事件で、同州の陪審は15日、ディラン・ルーフ被告(22)に有罪評決を下した。

ネットメディア「ハフィントン・ポスト」(日本語版)によると、ルーフ被告は連邦検察からヘイトクライム(憎悪犯罪)、信教の自由に対する妨害など33の罪で起訴されていた。

当時21歳だったルーフ被告は、黒人の信徒が集まるエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督(AME)教会で聖書勉強会が開かれていたとき、教会内に足を踏み入れた。信者たちが集まっている席に着席してから、銃を取り出し、突然乱射した。

逮捕後、ルーフ被告は米連邦捜査局(FBI)捜査官に「俺は有罪だよ。誰が見たって有罪だ」と語っていた。また、事件を起こした動機について、黒人男性が毎日白人女性をレイプしており、白人は二級市民になってしまったからだ、などと語っていた。

同教会は人種差別が原因でメソジスト教会を追われた黒人たちにより、1816年に設立されたが、その後もまた差別の被害に遭い続けてきた歴史がある。22年には白人至上主義者が放火して全焼し、34年には地元の法律で黒人教会が禁止となり、信者は秘密裏に集まるしかなくなった。

陪審は来年1月3日に、ルーフ被告に対し、死刑か終身刑の判決を下すという。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース