アドベント用 無国籍の人たちについての聖書研究

2016年12月14日09時44分 記者 : 行本尚史 印刷
+アドベント用 無国籍の人たちについての聖書研究
レンブラントの「ヨセフの夢」

自分の父親が1938年にナチス・ドイツを逃れ、それからスウェーデンで在留外国人かつ無国籍として生きた体験から、聖書神学者のハンス・ウッコ氏は、無国籍の人たちについての著書の試金石となるものを書いた。世界教会協議会(WCC)が8日伝えた。

これは、WCCが12月の第2週目に個人または教会用に提供した2つ目の、聖書についての短い省察で、弱い立場にある人たちについての意識を通じて、アドベント(待降節)の省察を促進するためのもの。

WCCプログラム部長のセメグニッシュ・アスファウ氏によって委託され、編集されたウッコ氏のこの著書は、来月WCCパブリケーションズによって出版される『I Belong: Bible Reflections on Statelessness(私は帰属する:無国籍に関する聖書の省察)』にある、聖書に関する12の省察の1つ。

ハンス・ウッコ氏は、スウェーデン国教会で按手礼を受けた牧師であり、1989年から2008年まで宗教間関係と対話の分野を担当するWCCプログラム部長として奉仕する前は、同教会で長い間職員をしていた。同氏は宗教間の出会い、とりわけユダヤ教とキリスト教の関係について、幅広く執筆してきた。

世界で約1千万人が無国籍であると、アスファウ氏は言う。「無国籍の人々―すなわち、国家との法的なつながりを持たないために周縁に追いやられ、弱い者にされた姉妹兄弟たち―は、正義と平和の巡礼が光を当て、中心へと連れ戻すことを狙いとする闘いをしている社会の1つである」

ハンス・ウッコ著『無国籍についての聖書研究』(英語)ダウンロードはこちら

デュレープ・デ・チッケラ主教(スリランカ聖公会)による、1つ目の聖書研究はこちら

『I Belong: Biblical Reflections on Statelessness』についてより詳しくは、Amazon.com

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース