マザー・テレサ映画祭 名古屋、大阪、神戸でも

2016年11月1日11時45分 印刷
関連タグ:マザー・テレサ
+マザー・テレサ列聖記念「マザー・テレサ映画祭」、東京都写真美術館で開催 初日は千葉茂樹監督が登壇
マザー・テレサ(写真:女子パウロ会提供)

マザー・テレサの列聖を記念し、その愛に満ちた活動の軌跡を捉えた映画作品を一気に上映する「マザー・テレサ映画祭」(提供:女子パウロ会)が、9月に東京で開催されたのに続き、名古屋、大阪、神戸でも行われる。名古屋では既に10月29日から上映が始まっており、大阪では11月5日から、神戸では11月19日から上映が始まる。

上映される作品は、千葉茂樹監督の「マザー・テレサと生きる」「マザー・テレサとその世界」「マザー・テレサの祈り 生命(いのち)それは愛」、アン・ペトリ、ジャネット・ペトリ監督の「母なることの由来―デジタル復刻版」「母なるひとの言葉」、マーセル・バウアー監督の「マザー・テレサの遺言」、さらに特別上映作品としてピーター・シェファー監督の「すばらしいことを神さまのために~Something Beautiful For God~」も上映される。

上映スケジュールは下記の通り。詳細は公式ホームページより各劇場のスケジュールを参照。

名古屋シネマテーク(名古屋)
10月29日(土)〜11月11日(金)

シネ・ヌーヴォX(大阪)
11月5日(土)〜18日(金)

神戸アートビレッジセンター(神戸)
11月19日(土)〜25日(金)

関連タグ:マザー・テレサ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング