オーストラリア人司教の遺産、児童性的虐待の被害者へ

2016年10月4日16時43分 翻訳者 : 野田欣一 印刷
+オーストラリア人司教の遺産、児童性的虐待の被害者へ
オーストラリア・ビクトリア州にあるバララット教区の聖パトリック大聖堂

オーストラリア・ビクトリア州のバララット教区の元司教、故ロナルド・ムルカーンス氏が残した遺産が児童虐待の被害者に与えられる。

1971年から97年までバララット教区の司教だったムルカーンス氏は、今年4月に死去し、自宅など計200万ドル(約2億円)以上になる遺産を教会に残した。

ムルカーンス氏は、バララット教区で起こった虐待への対処が遅かったとして告訴され、加害司祭らの行為を上部組織に報告せず、組織内で役職を異動させていたと報告されている。亡くなる直前には、オーストラリアの「児童性的虐待への機関の対応を調査する王立委員会」に出向いて謝罪していた。

バララット教区の現司教、ポール・バード氏は、ムルカーンス氏の遺産を虐待被害者の賠償金に充てたいとして、「バララット教区がムルカーンス氏の遺産から頂くものが何であれ、虐待の犠牲者に対する賠償のために取っておこうと思っています。教区がこれまでに何年間も虐待被害者に向けてきた支援をこれからも続けます」と述べている。

バララット教区での虐待問題の深刻さに、オーストラリアのキリスト教界は大きなショックを受けている。一方、ビクトリア州警察当局は8月、オーストラリアのカトリック教会最高位の立場にあるジョージ・ペル枢機卿を告訴する可能性を除外できないと語っている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース