東京都:VIPプリズム「闇から光へ」、シンポジウム「加害者家族の現状」開催へ 10月8日

2016年10月5日06時42分 印刷
関連タグ:マザーハウス
+VIPプリズム「闇から光へ」、シンポジウム「加害者家族の現状」開催へ 10月8日

VIPプリズム「闇から光へ」のシンポジウム「加害者家族の現状」が10月8日(土)、東京都千代田区のカトリック麹町聖イグナチオ教会で開催される。参加無料。予約不要で誰でも参加できる。

パネラーとして登壇するのは、NPO法人Wold Open Heart理事長の阿部恭子氏と、VIPプリズム会長でNPO法人マザーハウス代表の五十嵐弘志氏。

阿部氏は、東北大学大学院在学中の2008年に、社会的差別と自殺の調査・研究を目的とした任意団体Wold Open Heartを設立。11年にはNPO法人格を取得し、宮城県仙台市を拠点に、全国で初めて犯罪者家族を対象とした各種相談業務や同行支援などの直接的支援と啓発活動を開始し、全国の加害者家族からの相談に対応している。

著書には『加害者家族支援の理論と実践―家族の回復と加害者の更生に向けて―』(編著、現代人文社、2015年)、『悲嘆の中にある人に心を寄せて―人は悲しみとどう向かい合っていくのか』(分担執筆、上智大学出版、2014年)、『交通事故加害者家族の現状と支援―過失犯の家族へのアプローチ』(現代人文社、2016年)がある。

13歳から市民運動に関わり、社会的弱者や少数者といったいわゆる「マイノリティー」と呼ばれる人々の権利擁護や生活支援活動に参加してきた阿部氏。さまざまな活動との関わりを通して人権擁護活動に「ケア」の部分が欠けていることを指摘する。今回のシンポジウムでも、加害者以上に厳しい目を向けられる加害者家族に目を向け、自殺者さえも出る現状を踏まえ、犯罪の当事者ではないのに、まるで犯罪を犯したかのように扱われる理由を探りつつ、加害者家族の支援には何が必要なのかを考えていく。

問い合わせは、VIPプリズム(電話:080・3729・0067、vipprism@yahoo.co.jp、担当:五十嵐)まで。

日時:2016年10月8日(土) 午後2時~5時(開場:午後1時半)
場所:カトリック麹町聖イグナチオ教会岐部ホール404号室
(住所:東京都千代田区麹町6−5−1)
定員:100人

関連タグ:マザーハウス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午後6時更新、( )内は前日の増減数
日本世界
感染者数 5,708
(+511)
1,605,548
(+82,837)
死者数 110
(+4)
95,808
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
356,161
(+19,087)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース