【書評】再生と希望・・・闇から光へ 五十嵐弘志さん半生つづる 『人生を変える出会いの力』

2016年7月30日21時00分 記者 : 坂本直子 印刷
+【書評】再生と希望・・・闇から光へ 五十嵐弘志さん半生つづる 『人生を変える出会いの力』
五十嵐弘志著『人生を変える出会いの力』(画像:ドン・ボスコ社提供)

人生の中で失敗しても、本当にやり直せるのだろうか? 特にその失敗が、「前科者」というレッテルが貼られてしまうような犯罪だとしたら?

「私は前科三犯、延べ約20年間を刑務所の中で過ごしてきた人間です」という告白で始まる本書は、元受刑者の社会復帰を支援するNPO法人「マザーハウス」代表の著者が、自身の半生をつづったもの。3度目の逮捕で留置場に勾留されていたとき、後から入ってきた日系ブラジル人との出会いを通して聖書を知り、イエス・キリストに出会ったことで、その後の人生が大きく変えられた。その回心と償い、そして再生と希望の物語だ。

誰かに「出会う」ことは、誰かと「つながる」ことだ。しかし、複雑な家庭環境の中で育った著者は、幼い頃から母親の愛情を感じることができず、「自分は邪魔な存在なんだ」という自己否定の思い込みから抜けられなくなった。誰かと出会っても「ぶつかる」だけで、誰とも「つながる」ことができないまま、初犯、再犯、そして3度目の逮捕・留置へと追い込まれる。

自分の鬱憤(うっぷん)を晴らすために犯す犯罪は、著者にとってはゲームのようなものだったのかもしれない。しかし、3度目の逮捕の時、それまで疎遠になっていた母親や妹に、これまでの犯罪も併せて知らされてしまう。その時に、「お兄さんのおかげで私はめちゃくちゃになった」と妹に言われたことで、初めて自分の犯してきたことがどれだけ人を傷つけ、苦しめているかに気付いたという。これまで自分のことしか見えなかった著者の心に、悔恨の思いが湧き起こった瞬間だった。

「神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心を 神よ、あなたは侮られません」(詩編51:19)の通り、神は、著者の悔いた心を喜んで「出会い」を準備された。良い出会いの背後には、必ず、神の愛が働いている。

刑務所の中で聖書を知り、イエス・キリストに出会い、生まれて初めて心から謝罪の気持ちがあふれた著者は、自分の罪と向き合い、「生き直したい」と真剣に願うようになる。そこで出会ったのが、マザー・テレサだ。著者は、マザー・テレサを自身の「信仰の母」と呼び、その後の人生の道しるべとしている。「マザーハウス」を立ち上げたのも、彼女の影響だ。

本書の後半では、マザーハウスの働きや元受刑者の現状、再犯の問題について書いている。著者は、口では元受刑者を理解しているようなことを言いながら、陰で差別するのは、全ての犯罪者を死刑にして、二度と社会に出さないようにすべきだと言うより冷たいことだと、鋭く指摘する。

敬愛するマザー・テレサが奉仕活動を行ったカルカッタ(コルカタ)と、自分のいた刑務所を重ねる著者は、誰からも愛されない受刑者や元受刑者を支え、再犯をなくす活動に全てをささげている。

再犯を減らすことができる方法は、社会の「受け入れ」だと、著者は力を込める。幼い子どもの父親である著者は、「自分たち元受刑者が社会に受け入れられない限り、自分の息子も受け入れない」と訴える。元受刑者たちの「受け入れ」について、これまでどれだけ真剣に考えていただろうか。胸を刺される思いだ。

本書で著者は、「やってしまったことは元には戻せません。でもそこで、ゆるしてくれる人、ゆるしの場所があれば、立ち直っていくことができます」と証しする。「ゆるす」ことは、甘やかすことではない。愛することだ。ダメなことはダメだと、その人のために言える勇気を持つことなのだ。著者は、そんな出会いをつかみ取ってきた。まるで、ペヌエル(ヤボクの渡し)で格闘し、祝福をつかみ取ったヤコブのように。

人生の中で、どんな失敗をしたとしてもやり直すことはできる。しかし、それは自分1人の力ではできない。――これが冒頭の答えだ。

人生を変えるには、自分を愛してくれる人、無条件で受け入れてくれる人が必要だ。クリスチャンは、誰もが闇の中から光の中に引き上げられた経験を持っている。そして、それが誰によってだったかも知っている。

著者の「おやじ」であり、永久身元引受人である弁護士の佐々木満男さんが述べるように、「人はまさに、キリストに出会うために生まれた」。先に最高の出会いを経験した全てのクリスチャンは、このことを伝える責任がある。

元受刑者への風当たりの強さは、教会でも例外ではないらしい。しかし、それでも神の祝福を信じ、御言葉を宣べ伝え続ける著者は、人生に絶望している人や孤独の中にいる人に、今日も光を届けている。本書につづられた著者の半生に、多くのクリスチャンが励まされることだろう。

五十嵐弘志著『人生を変える出会いの力』2月19日初版、ドン・ボスコ社、定価800円(税別)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月6日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,654
(+383)
1,129,775
(+81,772)
死者数 73
(+3)
62,703
(+5,798)
回復者数 584
(+9)
257,455
(+12,436)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース