アレッポのキリスト教徒とイスラム教徒の子どもたち、紛争終結求め共同で祈りへ

2016年9月28日11時38分 印刷
+アレッポのキリスト教徒とイスラム教徒の子どもたち、紛争終結求め共同で祈りへ
シリア北部の都市アレッポと近郊の勢力図。赤:シリア政府軍支配地域、緑:反体制派支配地域、黄:クルド人民兵組織「人民防衛隊」(YPG)支配地域、灰:過激派組織「イスラム国」(IS)支配地域(図:Kami888)

シリア北部アレッポの子どもたちが10月、同都市の反体制派支配地域で何百人もの犠牲者を出している「死の連鎖」を終わらせるため、大規模な祈りの集会に参加する。

アレッポのアルメニア・カトリック教会の指導者、ブトロス・マラヤティ大司教は、バチカンのフィデス通信に、アレッポのキリスト教徒とイスラム教徒の少年少女たちが、死の爆撃を終わらせるために共に祈るために集まると語った。

集会に参加する子どもたちは、世界中の指導者たちにこの大虐殺を終わらせるよう求める請願書に署名し、指印を押すことになっている。

マラヤティ大司教は、「しかし、何よりも彼らは祈るでしょう。彼らは全ての仲間たちのために祈ります。そして私たちは、子どもたちの祈りが私たちの祈り以上に力強いということを信じています」と述べた。

停戦継続の希望が消え失せ、シリアとロシアがアレッポ奪還のために停戦前以上の激しい空爆を開始し、23日には90人以上、24日には100人以上が死亡した。

死亡したり、負傷したりした犠牲者の多くは子どもたちで、がれきに埋もれた子どもたちの亡骸の痛ましい写真が出回った。

シリアの国連大使は25日、アサド政権がアレッポ全体を取り戻すまで攻撃をやめないと述べた。

マラヤティ大司教は、「もし紛争当事者たちが本当にこの醜い争いに終止符を打つことを決断しないなら、さらに血が流されることになるでしょう」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース