群馬県:カトリックさいたま教区主催「とらわれ人のための聖年」9月19日

2016年9月2日18時37分 印刷
+群馬県:カトリックさいたま教区主催「とらわれ人のための聖年」 9月19日

カトリックさいたま教区が主催する「とらわれ人のための聖年」が9月19日(月・祝)、群馬県伊勢崎市のカトリック伊勢崎教会で開催される。マザーハウス理事長の五十嵐弘志氏が講演するほか、シンポジウムも行われる。

2015年12月8日から16年11月20日は「いつくしみの特別聖年」。カトリック教会では、このいつくしみの大聖年を祝い、「ボランティアのための聖年」「司祭のための聖年」「少年少女のための聖年」など、さまざまな聖年を企画している。「とらわれ人のための聖年」もその一環で、バチカンからの「受刑者の聖年」という提案を受けたカトリックさいたま教区では、受刑者だけでなく、入国管理局に収容されている人たちも加えての開催となった。

この日の集会に与えられた御言葉は、「わたしの父に祝福された人たち、天地創造の時からお前たちのために用意されている国を受け継ぎなさい。お前たちはわたしが・・・牢にいたときに訪ねてくれたからだ」(マタイによる福音書25章34~36節)。

元受刑者でもある五十嵐氏が「人との出会いによって人は変わる」と題して講話を行った後、さいたま教区内で受刑者や元受刑者、入国管理局被収容者や仮放免者のために働いている支援者や、元入国管理局被収容者の話を聞く。最後には1時間ほどの祈りの時間を持つことになっている。

問い合わせは、司牧センター(電話:048・832・6300、メールpace-saitama@nifty.com)まで。

日時:2016年9月19日(月・祝)午前10時~午後3時 昼食持参
場所:カトリック伊勢崎教会(住所:群馬県伊勢崎市中央区24-4、電話:0270・25・0276)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午前7時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,547
(+511)
1,587,209
(+82,837)
死者数 108
(+4)
94,850
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
353,291
(+16,217)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース