アラブ人キリスト教徒、イスラム教徒と思い込まれヘイトクライムの犠牲に

2016年8月24日16時57分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+アラブ人キリスト教徒、イスラム教徒と思い込まれヘイトクライムの犠牲に
ハーリド・ジャバラさん(写真:ビクトリア・ジャバラ・ウィリアムズさんのフェイスブックより)

レバノン系米国人でキリスト教徒のハーリド・ジャバラさん(37)が8月初め、米オクラホマ州タルサで殺害された。容疑者は、ジャバラさんをイスラム教徒と思い込んでいた疑いがある。ジャバラさんの教会の信徒らは、神の教えに忠実だったジャバラさんを偲び、最期の別れを告げた。

米ニュースメディア「ハフィントンポスト」によると、ジャバラさんの葬儀は数百人が集う中で行われ、「何があっても決して神を忘れてはならない」というメッセージが取り次がれた。

別の米ニュースメディア「宗教ニュースサービス」は、ジャバラさんがキリスト教の伝統的な葬儀によって見送られたとする、ジャバラさんの所属教会、聖アントニオ正教会のジョージ・エバー司祭の言葉を伝えている。

葬儀では、祈祷と聖書朗読によって生前のジャバラさんが祝福されるとともに、教会に集った信徒らが抱いていたであろう疑問に対する応答も述べられた。

「葬儀には大きな意義があります」「『神はなぜジャバラさんを助けてくださらなかったのか』また『このような悪がどこからやって来るのか』という疑問に答えることになるからです」と、エバー氏は語った。

ジャバラさんの死は、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の疑いがあることから政治的注目を集めるかもしれないが、キリスト教の葬儀は非政治的なものだとエバー氏は語った。

「私たちはあらゆる政治性を避けるつもりです」「教会の敷地内ではデモをさせません」

教会は非番の警察官らに依頼して、抗議に来る人たちを敷地内に入れないようにし、ジャバラさんのキリスト教式葬儀が厳かに営まれるよう尽力したと、エバー氏は語った。

またエバー氏は、ジャバラさんの死によって、中東や米国、その他の地域にいる少数派のアラブ人正教徒らが覚醒することを願っていると述べた。

検察は、ジャバラさん殺害の主犯をスタンレー・バーノン・メジャース容疑者(61)と断定。メジャース容疑者は、ジャバラさんの母親(65)を車でひこうとした罪で昨年既に起訴されている。

報道によると、この嫌がらせは、メジャース容疑者がジャバラさんと家族に対して行った嫌がらせのほんの一部に過ぎない。メジャース容疑者は、「アイラブ人」「ムースレム教徒」などの人種差別的、宗教差別的用語を使い、ジャバラさんの家族らを侮辱していたという。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース