カンタベリー大主教「悪意ある人々がEU離脱を憎悪の口実にしている」

2016年6月30日20時01分 翻訳者 : 山本正浩 印刷
+カンタベリー大主教「悪意ある人々がEU離脱を憎悪の口実にしている」
ロンドンのカンタベリー大主教公邸「ランベス宮殿」で開かれたイフタールでスピーチするジャスティン・ウエルビー大主教=29日(写真:カンタベリー大主教の公式フェイスブックより)

カンタベリー大主教ジャスティン・ウエルビーは29日夜、悪意のある人たちが、英国の欧州連合(EU)からの離脱を口実にして、憎悪を助長し、分裂を引き起こしていると語った。

カンタベリー大主教は同日夜、イスラム教の断食月「ラマダン」中に行われる日没後の食事会である「イフタール」をロンドンのランベス宮殿で主催し、これまでにない緊迫した情勢の中で、異宗派間で調和を保つよう求めた。

イフタールには、サディク・カーン・ロンドン市長やエフライム・ミルビス主任ラビらが出席したほか、キリスト教や他宗派から多くの若者が集まった。

「不安と分裂の時にあって、異なる宗教的背景を持つ指導者や若者と共に、(ロンドンという)世界都市を祝福できることは喜びであり特権です」と、大主教はフェイスブックの投稿で述べた。

「この困難な時節にあって、重要な役割を担う若い指導者の方々をお迎えできることは、素晴らしい恵みです。今晩、皆さんがここに集まってくださったことを心から感謝しています」

今回のラマダンは、過去30年間で最も長かったと、大主教は語った。イフタールに参加したイスラム教徒に向けて大主教は、「皆さんがラマダンをこのように忠実に守っておられることは、信仰を真摯(しんし)に受け止めることの模範になっています」と述べた。幾日にもわたり、この信仰のテストを通過するために多くの人々と共に長い1日を過ごしてきたと述べ、「主が皆さんを今後も力付けてくださいますように」と語った。

また、大主教は、イスラム教信仰を持つロンドン市長の参加を歓迎した。ロンドンは市長夫妻が育った「偉大な町」だとし、市長のために祈ってきたと述べた。

「皆さんご存じの通り、私たちは熾烈な(EU残留・離脱をめぐる)投票キャンペーンを通過しました。この国は深く分裂しています。若者と年配者の投票結果は、人口統計学的に分かれましたし、宗教的に分かれました。特にロンドンが残留に票を投じたのは明らかですが、他の地域は離脱に投票しました」

「この国は民主主義国家ですから、私たちは結果を受け入れます。民主主義というのは、こういうものです。投票が行われ、ある人は勝利し、ある人は敗北します。自分が敗者の側にいるとしても、それもまた民主主義体制の特権なのです」

「民主主義の特権とは、投票ができることです。選挙戦を精力的に行えることです。強固で堅実な討論ができることです。しかし、憎悪を表すことは、民主主義の特権ではありません。分裂状態につけ込み、偏見や憎しみに満ちた攻撃をするのは民主主義ではありません。ここ数日、そういった動きが急増するのを私たちは見ています」

大主教は、EUからの離脱運動そのものを責めているのではないとしつつも、「悪意のある人々は現状を口実にして憎悪を表していますが、それは見せかけに過ぎません」と語った。

大主教は、ロンドン西部のハマースミスにあるポーランドセンターの落書き事件を特に批判した。「あれは国家を代表する施設に対する無法な攻撃です。ポーランドは英国の友人であり、長年にわたる同盟国です。ポーランドは英国にとってとても大切な国です」

大主教は、憎悪や分裂に対抗して団結するよう語り、「外向きで、気前よくもてなす精神によって」英国の再建に取り組むよう奨励した。大主教は、「力強く善を行い、徹底して悪に立ち向かう」よう参加者に求めた。

キリスト者は、全ての人が神とキリストから愛されており、全ての人に尊厳があると信じているとし、「私たちは立ち上がって声を上げ、特に弱者ために共に闘おうではありませんか」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース