摂理教祖が初出廷 「犯行はしていない」 起訴事実を否認

2008年4月5日19時19分 印刷

強姦など容疑で国際指名手配されていた韓国のカルト団体「摂理」の教祖・鄭明析(チョン・ミョンソク)被告(63)が4日、ソウル地裁に初めて出廷し、女性信者への暴行について「犯行はしていない」と起訴事実を否認した。

フジテレビ系列のニュースサイト「フジニュースネットワーク」によれば、鄭被告は職業を問われて「摂理の会長」と答えたあと、女性信者への暴行について「女性たちと会ったことはあるが、犯行はしていない」と、疑いが持たれている強姦致傷罪を否認。国際手配されながらも逃亡していたことについては、「宗教活動をしていた」と弁明した。

一方、中国公安当局に拘束されていたときは、「韓国への移送後に拷問を受けるかもしれないと思い、逆さまにつられる練習や、絶食する練習、大量に水を飲む練習などをしていた」と供述した。

国際刑事警察機構(ICPO)によって01年から国際指名手配されていた鄭被告は昨年5月に北京市内で拘束。引渡しに必要となる最高人民法院(最高裁)と中国政府からの承認が今年初めに出され、同2月に韓国へ送還された。到着後には検察当局によってすぐに逮捕された。

鄭被告は潜伏していた中国でも婦女暴行事件を起こし同国内で指名手配を受けており、日本では昨年1月に同被告の側近女性幹部に対する入管難民法違反(資格外活動)の容疑で、千葉市内の同女性幹部宅や摂理の関連施設などが家宅捜索された。

同サイトによれば、今後は鄭被告に暴行を受けた複数の被害者への尋問が行われるため、審理は長期化する見通し。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース