同志社大赤ちゃん学研究センター、「共同利用・共同研究拠点」事業スタート

2016年6月6日16時10分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:同志社大学
+同志社大赤ちゃん学研究センター、「共同利用・共同研究拠点」事業スタート
同志社大学赤ちゃん学研究センターのロゴマーク(画像:同センター提供)

赤ちゃんの不思議を研究する同志社大学(京都市)赤ちゃん学研究センターは、今年4月に文部科学省より「共同利用・共同研究拠点」として認定された。それを受け、同センターは「赤ちゃん学研究拠点」として事業をスタートさせることをこのほど発表した。今後、共同利用・共同研究の公募や、定期セミナーを開催する予定だ。

子どもの心と体の発達とその関係について総合的に研究する「赤ちゃん学」は、2001年に「日本赤ちゃん学会」が設立された新しい研究分野。同センターでは、ヒトの行動の始まりとしての胎児研究に注目し、新生児・乳児・幼児と一貫した研究を行っている。

これまで小児医学や心理学のみならず、情報工学やロボット工学などと融合した研究により、胎児の持つ素晴らしい能力を明らかにし、「出生後も自ら動き、成長、発達する赤ちゃん」像を作り出してきた。

今回「共同利用・共同研究拠点」に認定されたことで、同志社大学の学研都市キャンパス快風館内に拠点を置き、実験用模擬診察室、視線計測室、脳波測定室、行動解析室、成人用計測室などの施設・設備で、赤ちゃんの発達過程におけるさまざまなデータを収集。それらをデータベース化し、共同利用・共同研究プロジェクトを通じて、関連研究者に提供し、「赤ちゃん学」のさらなる発展を目指す。

16年度は、同センターが研究の重点対象とする、発生学分野、統計・解析学分野、心理学分野、教育・政策学分野、看護学分野の中から課題を設定し、公募による共同利用・共同研究を実施する。さらには、赤ちゃん研究における生命倫理、個人情報保護に関わる「胎児や乳幼児の人権」を課題とした共同研究により、新たな知見による提言も行っていくという。

共同利用・共同研究の募集は7月から開始予定で、発生学、統計・解析学、心理学の3分野で行う。研究助成費は、年100万円を2年間。また、定期セミナーは、第1回目が13日に、第2回目が7月21日に開催されることが決まっている。同センターでは、「この共同利用・共同研究による科学的な成果を、子どもたちの育つ現場に還元していきたい」と話している。

共同利用・共同研究の公募・定期セミナーの詳細、また、同センターが進めている研究については、同センターのホームページ

「共同利用・共同研究拠点」は、個々の大学が持っている大型の研究設備や大量の資料・データなどを全国の関連研究者に提供し、「共同利用・共同研究」を実施・推進することで、学術研究の発展に大きく貢献しようとする事業。現在文部科学省では、49大学(29国立大学、20公私立大学)99拠点を認定している。

関連タグ:同志社大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午前7時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,547
(+511)
1,587,209
(+82,837)
死者数 108
(+4)
94,850
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
353,291
(+16,217)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース