関東学院大、ベネッセグループと学生の成長支援に向けた共同研究を開始

2016年4月28日23時56分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:関東学院大学
+関東学院大 ベネッセグループと学生の成長支援に向けた共同研究をスタート
関東学院大学(写真:あばさー)

関東学院大学(横浜市)は26日、ベネッセホールディングス(本社:岡山県岡山市)の社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」およびグルーブ会社のベネッセi-キャリア(東京都新宿区)と共同研究をスタートさせると発表し、パートナーシップ協定調印式を横浜市中区にある同大関内メディアセンターで開催した。同大学長の規矩大義(きく・ひろよし)氏、ベネッセ教育総合研究所所長の谷山和成氏、ベネッセ i-キャリア教育事業本部長の竹内健一氏らが出席した。

今回の共同研究は、高等教育機関における学生の成長支援に向けたもので、学生の成長や学修成果を可視化するプロセスを通じて、大学における教育の質向上を目的にしている。同研究では、アセスメントツールを活用して調査を行い、学生の学習行動・成長の多面的評価をし、そこから成長プロセスの可視化と成長要因を特定。同時に事例の抽出と学内の「共通言語」づくりを行う。それら二つを通して、学生を成長軌道に乗せる多様な「仕掛け」づくりをしていくことをイメージしている。

これまでも全学的な教育の質向上に取り組んできた同大と、学びと成長に関する調査研究を行ってきたベネッセ教育総合研究所、年間20万人の大学生が受検するアセスメントの実施・分析実績を有するベネッセ i-キャリアが知見を持ち寄り、大学で学生が成長するために何が必要なのかを明らかにしていく。なお、得られた成果は、日本の高等教育機関における教育の質向上のために広く情報提供を行う予定だ。

関東学院大、ベネッセグループと学生の成長支援に向けた共同研究をスタート
研究のスキームイメージ(画像:関東学院大学提供)

関連タグ:関東学院大学

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース