関東学院大、ベトナムの大学と国際交流を推進

2016年4月25日23時26分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:関東学院
+関東学院大、ベトナムの大学と国際交流を推進
関東学院大学が貿易大学のキャンパス内にあるVJCC(ベトナム日本人材協力センター)に開設したベトナム事務所(写真:関東学院大学提供)

関東学院大学(横浜市)は21日、ベトナム国家大学ハノイ工科大学などとの学術交流協定を締結したことを発表した。

関東学院大学と学術交流協定を締結したのは、ベトナム国家大学ハノイ工科大学の他に、貿易大学、ベトナム国家大学ハノイ外国語大学、国立土木大学、ハノイ建築大学、タイグェン大学の6校。12日から15日まで関東学院大学の規矩大義(きく・ひろよし)学長ら関係者がベトナムを訪問し、それぞれの大学において調印式を行った。今回の協定締結を受けて、留学生の受け入れや送り出しに留まらず、学術研究の分野においても積極的な交流を進めていくという。

今回協定を締結した各校は、関東学院大学が研究や産官学連携で世界的成果を上げ続けている表面工学分野の技術など、理工学系の研究力を特に評価しており、大学院工学研究科における、次世代の東南アジアをリードする技術者や研究者の育成に期待を寄せている。また、総合大学としての多様性にも期待を寄せており、関東学院大学は、人文科学、社会科学の分野でも大学院生を中心とした留学生の受け入れを推進する方針だ。

関東学院大学は4月、貿易大学のキャンパス内にあるVJCC(ベトナム日本人材協力センター)にベトナム事務所を開設した。今後は、このオフィスを拠点に、ベトナムでの情報発信や留学生の受け入れ、学術研究教育交流、社会連携などを推進していく。

学術交流を結んだベトナムの大学が高く評価する関東学院大学材料・表面工学研究所における表面工学の研究成果は、文部科学省の「平成24年度大学等における産学連携等実施状況調査」の特許権実施等収入において、全国の私大3位となっている。

関連タグ:関東学院

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース