『ムスリム世界のための30日の祈り』ラマダンに合わせて6月6日から 祈りのガイドブック発行

2016年5月7日23時03分 記者 : 坂本直子 印刷
関連タグ:イスラム教
+『ムスリム世界のための30日の祈り』ラマダンに合わせて6月6日から 祈りのガイドブック発行
祈りのガイドブック『ムスリム世界のための30日の祈り』

イスラム教のラマダン(断食月)の時期に合わせて、ムスリム(イスラム教徒)のために祈ろうと毎年発行されている祈りのガイドブック『ムスリム世界のための30日の祈り』が今年も完成した。今年のラマダンは6月6日から7月5日まで。日本における「30日の祈り」発行部は、希望者に対してガイドブックを教会経由で無料配布しており、期間中、祈りに参加するよう呼び掛けている。

1993年から続く「30日の祈り」は、年々変化するイスラム情勢の中でムスリムに対するとりなしを呼び掛け、情報を提供し、とりなしを実践することが目標。「とりなしを通して私たちはムスリムの重荷を一緒に負い、悩みを理解し、救いを求め、彼らを愛せるようになる」という。またこれは、「隣人を愛せよ」というイエスの戒めの実践でもある。

この祈りのガイドブックは伝道用には作られておらず、クリスチャンがより深く祈るための情報を提供するものだ。イスラム世界を地理的・文化的な違いから九つの地域に分類してイスラム世界を研究し、この九つの地域をベースに30日間毎日祈れるよう、各地域の解説と祈りの課題が紹介されている。

さらに、「私たちの目標」「私たちの祈りが向かうところ」「ラマダンとは何ですか?」「何かが起きています!」「30日の祈りのスタート」など個別のトピックも取り上げられ、現代のムスリムの宗教意識や、それぞれの文化圏における歴史、ムスリムとの平和の築き方などが記載されている。

この1年間、ムスリム世界では、戦争とテロにより数百万もの人が難民となり、避難所を求めて他国へ脱出するという悲劇的な事態が生じている。「30日の祈り」国際編集部は、「私たちの祈りは信仰の旅に出たムスリムに届くでしょう。まだキリストについて聞いたことのない多くのムスリムのために祈り続けましょう」と呼び掛け、「彼らに注がれる神の愛をさらに深く理解するとともに、今年もムスリム世界のためのとりなしをお願いします」としている。

日本語版ガイドブックに関する詳しい問い合わせは、「30日の祈り」発行部(電話:090・9250・7309、メール:pfmw30days@gmail.com)まで。

関連タグ:イスラム教

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース