総がかり実行委、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」を6月30日まで継続 違憲訴訟の会は提訴

2016年4月26日17時29分 記者 : 行本尚史 印刷
+総がかり実行委、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」を6月30日まで継続 違憲訴訟の会は提訴
2000万人を目指す「戦争法の廃止を求める統一署名」の署名用紙

日本のカトリック教会や日本聖公会、日本バプテスト連盟憲法アクション、キリスト者平和ネット、宗教者九条の和なども加わっている「戦争させない・9条壊すな! 総がかり行動実行委員会」(東京都千代田区)は25日、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」を6月30日まで継続すると発表した。

同委員会は公式サイトで、この署名を4月25日に集約した分を5月19日に国会に請願として提出することになるとしている。「全国のみなさんのご努力で、署名者はすでに1000万人を超えたと見込まれます」と、同委員会は述べている。

「けれども、全国各地では『2000万人』の達成を目指して、いまなお署名活動を続けている人びとが多く、また、参院選挙が迫る中、戦争法の危険性と廃止の重要性を訴える意義が大きいことから、署名は6月30日まで継続することにします」と、同委員会は説明している。

「5月19日の提出以降に集まった署名は、参院選後の臨時国会に提出しますので、重ねてのご奮闘をお願いします」と、同委員会は呼び掛けている。署名用紙など詳しくはこちら

なお、同委員会は憲法記念日である5月3日(火・祝)の午後1時から(イベント広場での催しは午前11時から、プレコンサートは12時から)、有明防災公園(東京臨海広域防災公園、東京都江東区)で「明日を決めるのは私たち 平和といのちと人権を!5・3憲法集会」と題する大規模な集会を開催する予定。

総がかり実行委、「戦争法の廃止を求める2000万人統一署名」を6月30日まで継続 違憲訴訟の会は提訴
「5・3憲法集会」のチラシ

また、安保法制が昨年9月19日に「可決」されたことを覚えて、5月19日(木)には「戦争法発動させない!戦争する国許さない!安倍内閣は退陣を!5・19議員会館前行動」を衆議院第2議員会館から国会図書館前にかけて行う。さらに、6月5日(日)午後2時からは、「戦争法廃止!安倍内閣退陣!6・5国会前代行動(仮称)」を国会周辺で予定している。

憲法集会のチラシなど、詳しくはこちら

なお、同委員会が原告に加わるよう呼び掛けている「安保法制違憲訴訟の会」の公式サイトによると、同会は26日、安保法制は日本国憲法に違反しているとして、差し止めを請求して東京地裁に提訴したという。詳しくは同サイトで。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース