イタリアの復活祭も厳戒の中 ベルギー同時テロ受け

2016年3月29日02時01分 印刷
+サン・ピエトロ広場
バチカンのサン・ピエトロ広場(写真:Diliff)

【CJC=東京】ベルギーでの同時テロを受け、バチカン(ローマ教皇庁)を擁するイタリアでは、首都ローマの警備を強化した。27日の日曜日、カトリック教会は今年の復活祭の「大祝日」に当たり、バチカンでは教皇による行事が開かれるのに備えた。

今年11月20日まで、カトリック教会は「いつくしみの特別聖年」期間中のため、多数の巡礼者や観光客がローマを訪れた。地中海に面するイタリアには近年、中東やアフリカからリビア経由で難民、移民が押し寄せている。

過激派組織「イスラム国」(IS)がイタリアを含む欧州諸国でテロを実行するための戦闘員400~600人を養成しているとも報じられている。古代ローマの円形闘技場遺跡コロッセオなどに戦車で向かう画像を昨年インターネット上に載せたときには、「ローマが最終決戦だ」と警告していた。

教皇は25日、コロッセオで復活祭前の儀式を行い、説教の中でベルギー同時テロなどを念頭に「神の名を汚し、前代未聞の暴力を正当化するために神の名を悪用する宗教の信奉者による原理主義とテロリズム」を目の当たりにしていると述べ、テロを「神の名の冒とく」と非難した。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース