自分の言葉をコントロールしよう 関智征

2016年1月31日20時30分 コラムニスト : 関智征 印刷
関連タグ:関智征
+自分の言葉をコントロールしよう 関智征

1. 悪口を目に見えない対象に話し掛けていた

私が、クリスチャンになったばかりの大学生の時のことです。当時つきあっていた彼女に、「クリスチャンになったら、ピタッと悪口が止まったね」と言われました。

「えっ、本当?」と、その時、私は答えました。私自身、気が付かなかったのですが、言われてみれば、今まで彼女に言っていた悪口を、神様に話すようにしていました。

その当時、私はクリスチャンになろうと決めたものの、聖書の神様がどんな存在か、分かりませんでした。

そこで、とりあえず「神様。あの男、オワッテます」と、イヤな人の悪口を目に見えない対象(神)に向かって話し掛けていた記憶があります。

結果として、誰かの悪口を周りの人に言うのを防げていたようです。神様が、クッションになってくれたのです。

2. 言葉が、グサッ!

聖書の中には

「軽率に話して人を剣で刺すような者がいる。しかし知恵のある人の舌は人をいやす」(箴言12:18)

とあります。私たちは、言葉という剣で、相手の心をグサッ!と傷つけてしまいます。

言葉は、いったん相手の心に刺さってしまうと、そのとげはなかなか抜けません。それだけ、言葉の力は強いものです。

私も、「しまった!言っちゃったよ」と、よく失敗してしまいます。特に、イライラしているとき、余裕がなくなるときには、自分の発言に注意がいかなくなります。

いったん感情的な話を始めると、怒りの気持ちが次々と湧いてきてしまいます。ムッとして口に出した言葉が、心に逆流して、ますます心がムッとしてしまいます。

そして、言葉と心にハウリング現象が起こって、怒りがどんどん増幅して、自分でも止められない状態になってしまうのです。

さらに、相手が感情的な反応を返してきたりすると、売り言葉に買い言葉で、収拾がつかなくなります。

3. 口は災いのもと

言葉は刃物です。便利ですが、取り扱いを誤ると、言葉は凶器にもなり得ます。

「舌は火である。不義の世界である。舌は、わたしたちの器官の一つとしてそなえられたものであるが、全身を汚し、生存の車輪を燃やし、自らは地獄の火で焼かれる。・・・舌を制しうる人は、ひとりもいない。それは、制しにくい悪であって、死の毒に満ちている」(ヤコブ3:6~8、口語訳)

言葉で失敗しない人は、自分自身をコントロールできる人ですが、コントロールできる人は一人もいない。それほど、自分の発言をコントロールすることは、難しい。

口は災いのもとです。一度口から出た言葉は、元に戻ってきません。

では、どのようにしたら、自分の言葉をコントロールできるのでしょうか。聖書には、「口と舌を慎む人は、悩みから自分を守る」とあります。

また、ダビデも、旧約聖書の詩篇で、このように書いています。

私は言った。私は自分の道に気をつけよう。私が舌で罪を犯さないために。私の口に口輪をはめておこう。悪者が私の前にいる間は。私はひたすら沈黙を守った。よいことにさえ、黙っていた。(詩篇39:1、2)

ひたすら沈黙を守ることも、舌をコントロールするための知恵の一つだということです。

ただ、人の口は、心に満ちているものを話すものです。従って、何よりも自分の心を整えることが、言葉で誤りを犯さないための根本的な対策です。

どんなに沈黙して自分の悪意、憎しみ、差別意識を隠そうとしても、ふとした瞬間に、人前でポロッと表れてしまうものです。

政治・経済の世界でも芸能界でも、失言事件が後を絶ちません。そして、SNS時代、失言の問題は、公人だけの問題ではありません。

ちょっとした不用意な発言が、あっという間に拡散し、炎上します。どんな仕事に就いても、自分の口から出る言葉を守ること、自分の心を守ることは、不可欠です。

<<前回へ     次回へ>>

関智征

関智征(せきともゆき)

ブランドニューライフ牧師。東京大学法学部卒業、聖学院大学博士後期課程修了、博士(学術)。専門は、キリスト教学、死生学。論文に『パウロの「信仰義認論」再考ー「パウロ研究の新しい視点」との対話をとおしてー』など多数。

ブランドニューライフ

関連タグ:関智征

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース