説教中に銃を持った男が教会に乱入、キリストを受け入れ立ち去る 米ノースカロライナ州

2016年1月6日22時13分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
関連タグ:銃規制アメリカ
+銃乱射事件、米連邦検察が被告に死刑求刑
9人が亡くなった銃乱射事件の起きた米サウスカロライナ州チャールストン市のエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督(AME)教会(写真:jalexartis)

ノースカロライナ州の小さな教会で、地域で増大している暴力について牧師が説教で話していたところに、半自動小銃を持った男が押し入った。男は牧師になだめられ、説教の間は席に座り、招きの時間にキリストを受け入れた。

ファイエットビルにある「ヒール・ザ・ランド・ミニストリーズ」のラリー・ライト牧師(57)は、12月31日に起きた事件について、CNNの取材に「私が初めに彼を見つけました。その時、私は彼が偽の銃を持っていると思ったのですが、手に銃弾クリップを持ち、銃弾が光っているのに気付きました」と語った。

退役軍人のライト牧師は、男のもとに近づき、「よくいらっしゃいました」と声を掛けた。男は感情面で悩んでいるように見受けられ、ライト牧師に自分のために祈るよう願った。そして牧師は祈り、男が所持していた銃と弾薬を自分に渡すように言った。ライト牧師は男を最前列に案内して座らせ、説教を続けた。

会衆の誰かが警察に通報し、警察が到着したが、牧師は警察に対し、礼拝が終わるまで外で待つよう願った。

ライト牧師は、「私はメッセージを終え、招きをしました。彼はすぐに立ち上がり、講壇のところに来て、人生をキリストに明け渡しました。私は講壇から降りて彼と祈り、ハグしました。父が息子を抱きしめるかのようでした」と語った。

そして男は会衆に謝罪し、恐ろしい事件を起こそうとして、その夕方に教会の外に座っていたが、主が語られたと明かした。

地元ニュースサイト「Fayobserver.com」によると、ライト牧師は「もし彼が好戦的で来るならば、攻撃するつもりでした」とも述べた。「彼をフォローし、必要な支援やリソースを得られるようにしたいと思います」とライト牧師。

教会員のアリソン・ウッズさんは、銃を持った男が入ってきたときの気持ちをこう語った。「牧師が読んでいた御言葉通り、あたかもページからそのまま飛び出してきたような感じで、現実とは思えませんでした。翌日、起こり得たことについて考えたとき、もし最悪の事態が起きていたら、どれほど恐ろしいことかと思いました」

昨年6月に起きた銃乱射事件では、米サウスカロライナ州チャールストン市のエマニュエル・アフリカン・メソジスト監督(AME)教会で聖書の学びを開いていたクレメンタ・ピンクニー牧師を含む9人が死亡した。

その数日後、ベストセラーの著者で米国で最も急成長を遂げている教会を牧会するジョエル・オスティーン牧師は、集まった数万人もの出席者の前で、事件の犠牲者の遺族や生き残った被害者のために心を揺さぶる祈りを導いた。

「主よ、一見あなたの手のうちから離れているように見える物事ですら、あなたの御手のうちにあることを感謝します。取るに足りない者に美しさを、嘆く者に喜びを与える方法をご存じであることに感謝します。主よ、害をなすことでも、あなたはそれでもそのことを用い、私たちの益としてくださいます。ですから、主よ、私は御前に祈ります。今日、愛する人々を失った人、傷ついた人全てを慰めてください。天のお父様、私たちはあなたに感謝します。このことがあなたの御手のうちにあり、あなたが善き方で、あなたの憐れみが永遠にあることを感謝します」

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:銃規制アメリカ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月8日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 4,257
(+351)
1,275,104
(+68,514)
死者数 81
(+1)
72,523
(+5,013)
回復者数 622
(+30)
297,401
(+22,712)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース