メガチャーチのクリスマスイベント「トイズ・フォー・ジョイ」に2万人が集う 米サンディエゴ

2015年12月16日20時14分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+サンディエゴのメガチャーチのクリスマスイベント「トイズ・フォー・ジョイ」に2万人が集う
ロック・チャーチが開催した第19回「トイズ・フォー・ジョイ」では、サンディエゴとその周辺に住む恵まれない子どもたちのために、おもちゃ約2万3千点が寄付された=12日(写真:Twiter/Miles McPherson/@milesmcpherson)

サンディエゴのあるメガチャーチは、サンディエゴとその周辺に住む恵まれない子どもたちのために、おもちゃ約2万3千点を寄付した。2014年の米国国勢調査局のデータによると、サンディエゴでは5人に1人以上の子どもが貧困の中にある。

ロック・チャーチの地域関係担当長メイ・リン・ナザーさんは取材に対し、ロック・チャーチが主催する今年で19回目のクリスマスイベント「トイズ・フォー・ジョイ」では、サン・マーコス高校、エル・カホン・バレー高校、リンカーン高校、サウスウェスト高校の4カ所の開催場所に集まった地域住民2万人におもちゃが配られたと述べた。楽しさいっぱいのイベントは、子どもたちだけでなく、家族全体で楽しめるイベントだった。大人と子どもが共に昼食をとることができ、衣服、日用品を受け取ったり、ヘアカットやマニキュアをしてもらったり、生演奏を聴くことができたりした。

マイルズ・マクファーソン主任牧師が創立したロック・チャーチが開催する「トイズ・フォー・ジョイ」は、物理的、感情的、霊的ニーズを満たすイベントによって、サンディエゴ地域の子どもと家庭に対し良い影響を与えることを目的としている。ロック・チャーチは他の地域教会、学校、自治組織や企業と協力し、この毎年のイベントを実現した。

おもちゃは個人、団体、企業から寄付された。9月に行われた献品を集めるプロセスでは、献金をした人もいれば、新品未開封のおもちゃを寄付した人もいた。

今年のイベントには、さまざまな地域の教会から4千人以上のボランティアが集まった。「トイズ・フォー・ジョイ」は非常に有名になり、前日の午後5時から、時には風雨の中を、子どものクリスマスプレゼントのためにおもちゃを得たい地域住民が並ぶようになった。

このイベントは、地域当局からも称賛されている。中でもサンディエゴ警察長のシェリー・ジマーマン氏は以前、「これがサンディエゴの姿です。どこに住んでいようとも、家庭でクリスマスの集まりを持てるように、皆が集まって互いに助け合うのです」と語った。

今年のイベントが終了した後、マクファーソン牧師はツイッターに、時間を割いて協力したボランティアに感謝するメッセージを投稿した。また、自分がおもちゃを渡している写真と共に、「リンカーン高校でおもちゃを配り、人々を歓迎しているサンディエゴの指導者です!」と投稿した。

毎週1万2千人以上が出席するロック・チャーチは、地域への奉仕で知られている。2009年には、ロック・チャーチはサンディエゴ市での地域奉仕に61万5956時間を割いた。この時間数は、960万ドル(約12億円)に相当する。

マクファーソン牧師には、『Do Something: Make Your Life Count(何かをしよう―人生を価値あるものに)』『God in the Mirror: Discovering Who You Were Created to Be(鏡の中の神―造られたままの自分を発見する)』『Bad to the Bone: Fifteen Young Bible Heroes Who Lived Radical Lives for God(ろくでなし―神のために徹底した人生を送った15人の聖書の若い英雄たち)』などの著書がある。ロック・チャーチは、サンディエゴ地域で最大かつ最も早く成長している教会の一つだ。

※この記事はクリスチャンポストの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース