仏でヘイトスピーチ取り締まり強化 160カ所のモスク閉鎖の可能性

2015年12月7日23時40分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+仏でヘイト・スピーチ取り締まり強化 160カ所のモスク閉鎖の可能性
市中心部にあるパリ最大のモスク「グランド・モスケ・ド・パリ(パリ大モスク)」(写真:Esther Westerveld)

イマーム(イスラム教の指導者)の代表らによると、フランスの警察当局は、過激派に近い教義を唱える説教者をかくまった疑いがあるとして、約160カ所のモスクを閉鎖する可能性があるという。

この閉鎖措置は、パリの連続テロ事件からの非常事態宣言に次いで行われる。すでに3カ所が閉鎖され、9人が逮捕、22人が出国を禁止された。

イマームと刑務所職員との調整に当たっているイマームの長、ハッサン・エル・アラウイ氏は2日、アルジャジーラに対し、「当局などの認可なしに運営していることのほか、憎悪をあおる説教や『タクフィーリー』の説教をしていることを理由に、100~160カ所のモスクが閉鎖されるだろう」と語った。

「タクフィーリー(takfiri)」とは、同じ信仰を持つ他者を背教者(宗教的信念や原理を捨てた者)として糾弾し、殺人を含む暴力的な懲罰の対象にするイスラム教徒を意味する。

「このような説教は、フランスのような安全な国ではもちろんのこと、イスラム共同体の中ですら許されるべきではない」とエル・アラウイ氏。

パレスチナ人イスラム教徒で、イスラム教改革を目指す「アル・カワキビ財団」の共同設立者、フェリックス・マルクヮルト氏はアルジャジーラに、「さらに多くのモスクが閉鎖されるだろう」と語った。マルクヮルト氏は、フランス国内のさまざまな都市にあるモスクを訪問してきたが、そこで聞いた説教の内容に「驚かされた」という。

「非常に気がかりな世界観があった。イスラム教徒に対し、『反イスラム教運動がフランス当局によって組織され、イスラム教徒でないフランス人は、少数派であるイスラム教徒に敵対している』などといった考えを喧伝するような説教を聞いた」

先月発生したパリの同時多発テロ事件では、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出している。130人が死亡し、うち89人はバタクラン劇場でマシンガンの乱射により殺害された。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース